うつ、パニック、適応障害などはアップデートのサイン

うつ・パニック障害


自分を変えるというよりアップデートするですね

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

人間は、よくコンピュータに例えられます。

というより、コンピュータは人間の脳の構造を真似て作られたようなので当然なんですけどね。

このコンピュータ(最近ではスマホ)は、時々アップデートが必要です。

Wi-Fiや通信設備の発達、セキュリティ対策の向上など周りの環境に併せてアップデートが行われます。

このアップデートをしないと、最適な状態で使えなくなるんですよね。

 

アップデート

そして、ハッキングに遭ったりコンピュータウイルスに感染する危険性も高まる。

このアップデートは、安全にコンピュータなどを使うためには必修なんです。

んで、一方人間はアップデート機能がありません。

自分でアップデートしていかなければならない。

何をアップデートするかというと、価値観や考え方など人生のマニュアルと言うべきもの。

わたしは、「マイルール」って呼んでます。

 

人生のマニュアル

アドラー心理学のアルフレッド・アドラー言うには「人間は10歳ぐらいまでに人生のマニュアルを作る」とか。

そのマニュアルに従って、人生を生きていく。

このマニュアルは、子どもの頃に親や周りの大人から言われたことをそのまま取り入れて作られます。

これ、子どもが生きて行くための戦略とも言えるマニュアル。

だって、子どもは親などの周りの大人から見捨てられたら生きていけないから。

親や周りの大人の価値観を良い悪いの判断すること無く、そのまま受け入れていきます。

その環境では、それが生きていくためには正解かもしれませんが、大人になって世の中に出るといろんな価値観、さまざまな考え方を持った人に出会います。

だから、今までとは価値観が違ったり、受け入れられない考え方を持った人も現れます。

しかし、いつまでも子どもの頃のマニュアルに従って生きていると、だんだん生きることが苦しくなってくる。

そして、10歳の時に作られたマニュアルなので、時代の流れと共に合わない部分が出てきても当然なんですよね。

このアップデートが正常に出来ないと、うつやパニック、適応障害などのメンタル疾患になって現れるように思います。

だから、こういう状況になったらコンピュータと同じようにアップデートが必要なんだというサインなんじゃないでしょうか?

 

別の人間になる

しかし、ここで過去のわたしのように「今の自分じゃダメだ、別の人間にならなければ」などと自分を否定して変わろうとしても、無駄な努力です。

だって、人間はコンピュータと違って買い換えがきかないから。

だから、変わるんじゃなくて人生をアップデートする。

そんな感覚、考え方の方がシックリくると思いますよ。

 

まとめ

え?そのアップデートの方法が解らない?

SECOND 2DAYSver.2という講座で、お伝えしていますよ。^^

今月いっぱいで参加費半額の早割期間が終わっちゃうので、気になる方は今すぐメルマガへご登録を。

最後までお読みいただきありがとうございました。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

 

stand.fm (スタンドエフエム)で音声配信中!

stand.fm【幸福へ舵を切れ!】

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

うつ・パニック障害

自分が自分の英雄になる

2022年1月28日
うつ・パニック障害

泣いていい、逃げてもいい、ただ諦めるな

2022年1月26日
うつ・パニック障害

悩みが頭の中をグルグルする時の対処法

2022年1月25日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア