未来からのアドバイス〜タイムライン〜


NLP(神経言語プログラミング)では、タイムラインという手法をよく使います。

自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

実は人間は時空、つまり時間と空間(場所)に記憶を置いているのです。

この手法は、さまざまなことに使えます。

 


例えば、トラウマと言われる過去の辛い体験を置き換えるとか、未来の自分の姿をイメージしてみるとかです。

過去の辛い体験は、まだ幼い頃の記憶が多いと思いますが、それゆえに勘違いしていたり、思い込んでいることも多々あります。

ですから、イメージの中でもう一度過去に戻って、現在の自分がその出来事を客観視することによって新たな気づきや見方を変えることができるのです。

やはり、出来事は常にフラット、良いor悪い、楽しいor苦しいと意味づけするのは自分なのですよ。

 

未来の自分

本当になりたい自分をイメージして、この手法で未来の自分になりきり、現在の自分を含めた過去を振り返ります。

そうすると不思議なことに、現在の自分へさまざまなアドバイスができます。

そして、今はどう動いたら良いのか、何がリソースにあるのか、何を手放す方がよいのか等々が明確になるのです。

これを抽象度を上げるなどといいますが、より高い位置から現在の自分を見ることで、目標達成への道しるべにできる。

さらに、目標達成した時の感情を十分に味わうことによって、自分を無理矢理奮い立たせることなく、自然に行動を起こしたくなるものなのです。

 

まとめ

このタイムライン、カウンセラーやコーチと共に実際に歩きながらやってみると、過去の記憶も蘇りますし、未来へ進んでいくのを体感できますよ。

実際かなくても、Points of You®のカードなどでイメージを膨らませると、同様の効果が期待できるので、わたしはセッションやワークショップでよく使います。

明確に未来の自分をイメージして、今の自分を観る。

そうすることで、脳はイメージの世界へと歩み始めます。

やはり、時間は未来から過去へ流れているのかもしれません。

時間は未来から流れてくる

2018年9月10日

参考までに

Written by ✨Change view point コーチ メタル


 

メタルのおすすめ関連記事

自己肯定感が上がり、人生のステージが変わるとき EverythingO.K.セミナー

2019年3月5日

マインドフルネスをする人しない人 ここまでちがう脳科学的に見た効用とは!!

2019年1月22日
読んだ人が眼線をあげるメルマガ配信中
メルマガ

読者が元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!
メタルのイベント情報が気になる方もこちらから!!!
登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」と自分と向き合うことができる「ワークシート付き簡単セルフコーチングプレミアムワークブック」をダウンロードいただけます。