思考は簡単に変わる?

読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、自己肯定感を取り戻すためのノウハウが解る 「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」 アドラーオタクの管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。 また読者限定セミナーなども開催しています。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中! また、ご登録いただいた方には、特典として希望者の方にZoomにて無料セッション(但し、登録から1か月以内)も行ってます。

詳しくはこちら


思考癖ってあるんです。

人々が自己肯定感を取り戻し、横の関係で繋がる心地よい世の中を本気で創る【勇気づけの専門家】自己肯定感覚醒コーチのメタルです。

同じ事があっても、それをポジティブに捉える人とネガティブに捉える人。

どちらが良いとか悪いとかじゃなくて、人にはそんな思考の癖があるということなんです。

これって、案外簡単に変わるんですよ。

ただ、少々時間はかかりますけどね。

 

脳は自動化する

思考の癖って、人間の脳がいちいち判断するのが面倒なので自動化したシステムなんです。

つまり、Aという出来事が起きたら必ずBという答えを出すというような。

コンピュータのプログラムと同じようなもの。

例えば、雨が降ったら嫌だなという気持ちになるようにね。

何故こんな自動化が起こるかというと、先ほども書いたように判断するのが面倒なんですよ。

何故面倒に感じるかというと、判断・決定するたびに脳は疲労するから。

疲れちゃうんです。

だから、判断・決定を極力避けるためにに思考を自動化させます。

もっと、重要(だと思っている)ことにエネルギーを使うために余力を持たせようとするんです。

でも、この何事もネガティブに考える思考の癖をポジティブな思考癖に変えることができたら、快適に毎日を送れるんじゃないでしょうか。

 

やらなきゃとやりたい

実際わたしがそうでしたから。

最近、朝起きると部屋の掃除をするようにしています。

ちょっと前までは、掃除は大嫌いでした。

面倒でしたから。

「やらなきゃならない」って思ってたんですね。

つまり「掃除=不快」のプログラムになっていました。

だけど、有名なYouTuberの方の「朝起きて掃除をすると運気が上がるよ」という動画を観て、取りあえずやってみたんです。

すると、結構気持ちが良い。

「掃除=気持ちいい=快楽」になった瞬間です。

それから、毎日「やりたい」という気持ちで掃除をしています。

以前は「面倒くさいな・怖いな」と感じると「やりたくない、止めておこう」という思考の癖がありました。

だけど、いろいろ学ぶうちに「面倒くさいな・怖いな」と感じることは「人生を変化させるのに重要だからやってみよう」という思考癖に変わったのです。

そして、実際に行動した体験から学び、ドンドン行動できるようになって行きました。

つまり、変化が楽しくなってきたんですよ。

 

まとめ

このように、思考の癖を変える効果は図りきれません。

来週、そんな思考の癖を変える方法をお伝えする方法をお伝えする講座を開催しますので、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

少人数制で行いますので、お申込みはお早めに。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

Written by 自己肯定感覚醒コーチ メタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

正解を探す時の心のベクトル

2020年10月18日

自分を行動させるのにやっていること

2020年10月17日

行動だけが現実を変える

2020年10月16日
元気が出るメルマガ配信中
読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」、Zoomの使い方が解る「Zoom入門ラクラクガイドブック」、アドラーオタクの管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中! また、ご登録いただいた方には、特典として希望者の方にZoomにて無料セッション(但し、登録から10日以内)も行ってます。

詳しくはこちら

▼あなたは打たれ強いですか?それとも...▼