謙遜は美徳?幸せを受け取る準備をしよう

読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、自己肯定感を取り戻すためのノウハウが解る 「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」 アドラーオタクの管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。 また読者限定セミナーなども開催しています。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中! また、ご登録いただいた方には、特典として希望者の方にZoomにて無料セッション(但し、登録から1か月以内)も行ってます。

詳しくはこちら


謙遜は美徳という考え方が日本にはあるように思います。

誰かに褒められると「わたしなんてまだまだですよ」とか「素敵ですね!」っていわれると「そうでもないですよ」なんて言ってませんか?

以前お話ししたように、言葉が現実を作るので知らず知らずのうちに肯定感が下がってしまうようです。

 

幸せを受け取る

こうやって賞賛されたり、すごい!といわれることって幸せじゃないですか?

みんな幸せになりたいというのに何故その幸せを受け取ろうとしないんでしょう?

不思議でなりません。

口癖になっているのかもしれませんが、それだと幸せが逃げてしまいそうですよね。

人に賞賛されたり、感心されたりしたら、素直に「ありがとうございます」と受け取りましょう。

それともうひとつ、受け取った方がいい理由があります。

 

相手に失礼

相手の方は、そう思ったから感じたからそう言ってくれるんですよね。

例え、お世辞で言ってくれているかも知れませんが、それはその方の好意です。

その好意や気持ちを否定して良いんでしょうか?

相手の気持ちを受け取らないって、実はとっても失礼なことを相手にしていると思ってください。

そして、自分も謙遜することで、自己否定をしてしまう。

そう考えると、抵抗なく幸せを受け取れませんか?

 

まとめ

こういう考え方は、価値観なので押しつけるつもりはありません。

ただ「謙遜は美徳」と思い込むのではなく、実際に「嬉しかったら嬉しい」と相手に感謝した方が、相手もこちらも気持ちが良いんじゃないでしょうか?

もちろん、「もっと成長したい」と思って、もっとココが上手くなりたいんです!などと言うのは良いと思いますが、必ず言ってくれた相手の言葉を一旦受け取る習慣を付けると知らず知らずのうちに自己肯定感が上がっていきますよ。

わたしですか?
「いい男ですね!」ってたまに言われますが、その時は「ありとうございます。よく言われるんです!」と有り難く受け取ることにしています。(笑)

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

アファメーション-言葉を変えて問題解決-

2017年3月23日

感情は同時に1つしか感じない 嫌なことを考えないより楽しいことを考える

2016年12月13日

喜びやうれしさ、楽しいこと、感動は想定外からやってくる

2016年11月22日
元気が出るメルマガ配信中
読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」、Zoomの使い方が解る「Zoom入門ラクラクガイドブック」、アドラーオタクの管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中! また、ご登録いただいた方には、特典として希望者の方にZoomにて無料セッション(但し、登録から10日以内)も行ってます。

詳しくはこちら

▼あなたは打たれ強いですか?それとも...▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です