酒を飲まずにいられない


酒を飲まずにいられない。どうしてそんな状態になるんでしょう。

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

もう20年以上前の話。

巡視艇の船長をやっていた頃のお話です。

 

巡視艇船長時代

わたしが船長を務めていた巡視艇は、20メートル型巡視艇といって乗組員が船長を含めて5〜6人の船。

管轄海域が広いわりに、わたしが船長をしていた巡視艇が一隻しかいません。

つまり、田舎の交番にあるパトカーの責任者だと思っていただければ良いかと思います。

管轄圏内で事件事故があれば、必ず出動します。

前述のとおり、代わりの船がいないので呼び出し対応。

管轄していた海域は、沖合(海外)から大型タンカーや天然ガス運搬船、自動車運搬船など大型船のルートもあります。

また、狭水道もあって、中小型の一般商船が通過する浅瀬もあります。

格好の漁場で漁船も多く、季節になると遊漁船(釣船)も出てきます。

いわゆる輻輳(ふくそう)海域といわれるところ。

当然、漁船同士の衝突、釣り船での事故、一般商船の乗揚げ等事件事故も多く発生します。

在職中に調べたら、月に2〜3回は緊急出港(休み、夜間など勤務時間外の呼び出し対応)がありました。

子ども達と、休みの日に遊びに行く約束をしていても、何度も反故にして仕事へ行ったことが何度もあります。

そんな状況ですから、とても強いプレッシャーがかかっていました。

休みの日でも、心安まらずいつ呼び出しがかかるかとても不安。

なので、仕事が終わるとよく酒を飲んでいましたね。

酒を飲んで、不安を紛らわそうとしていたんです。

酒に逃げていたんですね。

一種のアルコール中毒だったのかもしれません。

これが、パニック障害を長引かせる原因となったのですが、当時はそんなことに気が回るわけわけもなく、毎日飲んでいました。

でも、酒に逃げても事件事故が起こるときは起こるし、どうしようもない。

当時は、酒を飲むことで不安を紛らわしていたように思えても、睡眠の質は悪くなるし、当然胃や肝臓など内臓にもよくありません。

今ならわかります。

「酒を飲まずにいられない」状況になったら、意識を今に持ってくればいいことを。

外の状況がどうあれ、自分の心の状態は自分で整えることが出来ます

人は、過去の出来事を後悔したり、未だ来ぬ未来を不安視したりしますが、それは「今ここ」に心が無い状態。

人間には、「今ここ」しかなく、それがただ積み重なっているだけなのです。

 

まとめ

わたしがやっているメンタル・リセット・プログラムを使ったコーチングは、うつうつとした状態を”リセット”(止める)ことで、心を今ここに戻す習慣を付けることなんですよね。

常に「今ここ」に意識があれば、不安や後悔はなくなります。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

夢は叶えるためにある。サラリーマンを辞めてから、現在まで全て話します

2021年2月1日

習慣化は仲間とやった方がうまく行くっていうか独りじゃ挫折する

2021年1月4日

失敗しても死ぬわけじゃない

2020年10月15日
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア