プロフィール

メタル
ようこそこのブログへ。
このページでは、このブログの管理人・ブログの目的について書いています。

メンタルサポーターメタル

  • 名前等:ハンドルネーム メタル 本名:安田 伸也(やすだしんや) 心理カウンセラー・コーチ・ブロガー 
  • 生年月日:1961年4月21日生れ
  • 出身・現在地:三重県四日市市
  • 主に東海地方でカウンセラー・コーチとして、またPoints of You®トレーナーとして活動している。

●主な資格
[海上関係]
潜水士、一級小型船舶操縦士、4級海技士(航海)

[心理関係] 
NLP マスタープラクティショナー、POINTS OF YOU®認定トレーナー、MPS 認定コーチ

 

20 歳で海上保安庁入庁、海上保安官(いわゆる「海猿」)として 35 年間勤務した後、NLP (神経言語プログラミング)・アドラー心理学、イスラエル生まれのコーチングゲーム POINTS OF YOU®を学び、コーチ・カウンセラーに転身。
元海猿の、変わり種だが頼れるコーチ・心理カウンセラーとして、人生に迷う人々の救助活動を続けている。

●実績・経歴等
潜水班班長を務めた海猿時代は、行方不明者の捜索・救助、ヘリコプターから海上や船へ降下して救助、転覆船・沈没船船内の捜索・人命救助に当たる。

また巡視艇船長・巡視船航海士として海難救助・海上犯罪の取締りや領海警備の任務に就き、覚醒剤を積んだ暴力団関係者の漁船を追尾、覚醒剤密輸事件の捜査、救命筏の漂流者を救助などドラマよりドラマチックな日々を送る。
在職中の海上保安庁長官表彰3回。
対応した事件事故は、3000件以上。

退職後は、海保の経験を活かした危機対処法・リスクマネジメント術を教授するかたわら、命掛けの勤務経験からメンタルの重要性を痛感して心の問題に目覚め、特にアドラー心理学に傾倒。
心をすり減らしながら生きる現代人にむけて、楽に幸せに生きるためのメンタルサポーターとして活躍。

これまでの略歴

三重県四日市市に3人兄弟の長男として生まれる。
子供の頃の写真

小学生時代

休み時間になると、いじめっ子にプロレスごっこなどと称して技をかけられるなど、典型的ないじめられっ子として育つ。

長男であるが故、親は厳しく育てるつもりで、ダメ出しを繰り返し自己肯定感が低い「自分の意見を言えない」子どもになる。

小学4年生の時に、好きだった女の子とその取り巻きに体育館裏に呼び出されて「私のことが好きって本当なのか?」と問い詰められる。

あまりの恥ずかしさに何も言えずに、ウジウジしていたため、その初恋は終わる。

意固地な一面も在り、「嫌いな給食は絶対に食べない」というポリシーを貫き通したので、昼休みの遊び時間がなくなることはしばしば。

また、虐められても、先生には言いつけないなど、変な維持の強さのようなものは持っていた。

 

中学生時代

そんな自分が嫌で「強くなりたい!」と、柔道部へ入部。

しかし、そこでも先輩に理不尽なシゴキに遭って、結局小学校時代と変わらない1年生を過ごす。

2年生になると、権力への憧れもあって生徒会長に立候補して、見事当選。
文化祭の開催や体育祭の運営、また昼休みの遊び時間の延長などの社会活動?を始める。

3年生の春、初めてのガールフレンドができるも、夏休み前に「他に好きな人ができた」と振られたことから、見返してやりたい一心で、受験勉強に励む。

夏休み前に学校全体で真ん中ぐらいだった成績を2学期が終わる頃にはトップ10まで引き上げ、絶対に合格不可能と言われていた進学校へ合格。

 

高校生時代

進学校に入学したものの、もともと勉強が好きなわけじゃなく「合格することが目的」だったため、燃え尽きて成績はずっと下からワースト10の低空飛行。

どうにか単位は取得していたものの、毎年留年の危機にさらされる。

しかし、中学生時代に生徒会を経験していたことから、生徒会の活動には熱心で、1年生の時から書記や会計として参加。

2年生の時には副会長になり、3年生になってからは生徒会議長を勤める。

その時から、文化祭や体育祭の運営などイベント開催の面白さを覚え、クラブ活動化する。

そんな生徒会活動に明け暮れて、受験勉強もやる気無し。

漠然と「タダで外国へ行ける船乗りになりたい」という憧れはあったものの、勉強嫌いなため義務感で商船大学などを受験するも全滅。

一浪しても結局は、同じ結果でアルバイトをしていたところ「船に乗れてお金も貰える公務員」の道を発見。

景気が良くて公務員は人気がなかったため、当時競争率1.2倍だった海上保安庁に合格。

とりあえず、船乗りになる夢は叶う。

 

海上保安庁時代

 

1年間の研修時代を京都府舞鶴市にある海上保安学校で過ごす。

この学校には、日本国中から学生が集まるため、同じ日本人なのに何を言っているか解らない方言があることを目の当たりにしてカルチャーショックを受ける。

完全に全寮制の生活で、外出できるのは水曜日の夜と土・日・祝日、夜はテレビ禁止の禁欲生活を1年間を経て、数々の海事関係の資格等を取得後、現地へ出る。
※現在は、毎日外出できるようです。

 

潜水士時代

初任の巡視船いすずが潜水士を乗せていたことも在り、潜水研修へ放り込まれる。

当時は海猿などという映画も無く、保安庁内でも3K(キツい、汚い、危険)の不人気な職種だった。

何とか厳しい訓練にもめげずに、メンタルを鍛えられて研修を終り現地に戻るが、現場の方がもっと厳しい事に驚く。

この当時、訓練が終わって水面に戻ると「生きていた」ことの激しく感謝した。

映画「海猿」では、教官役藤竜也の台詞に「現場には良いことは1つもない」というが、ほんとにその通り。

約7年間の潜水士時代に、1人も生存者を救助できず、現場に幸せな人は1人もいなかった。

しかし、性に合っていたのか、最終的には潜水士8名を束ねる潜水班長を命ぜられて、厳しくも楽しい潜水士生活を送った。

 

一般海上保安官時代

30歳を過ぎて、潜水士を解任され一般の海上保安官になった途端、それまでの潜水士としての知識・技能が全く通じないことに愕然として、一時期は真剣に転職を考える。

その後も、巡視船の航海士や巡視艇船長、本部救難課勤務を経験するも、生活習慣の乱れやコミュニケーションが不得意なこともあって、人間関係の悩みなどで、パニック障害やうつを患う。

パニック障害を発症したときは、毎夜近所の公園に血だらけの死体が累々と横たわる中を帰宅する悪夢を見たり、深夜に帰宅途中、踏切近くでパニック障害の発作が起こって、その恐怖心から逃れたいあまり衝動的に飛び込もうとするのをどうにか思いとどまる経験をした。

また、うつを発症の際には、単身赴任先の宿舎を出勤しようとして、玄関を出るもその場で身体が動かなくなり、着ていたスーツを脱ぎ捨て倒れ込んだ経験もある。

それ以外にも、網膜症、急性胃炎、腸内ポリープなどストレスが原因と思われる病気を患う。

一方、2005年頃から書き始めた、Apple系blogがそこそこ反響があり、Apple好きが集まる全国のAUGM(Appleユーザーグループミーティング)に参加して、Apple系ブロガーとしてはそこそこ有名になる。

そんなブロガーとして生きる自分と海上保安庁で内勤事務仕事の現実とのギャップに苦しみ、悶々とした生活を10年以上送った後、定年まで6年を残して退職。

自分と関わる人を全て幸せにしたいという野望を抱いて、心理学の道へ進む。

 


▲全員を救助できた一番印象深い海難救助

 

現在

NLP(神経言語プログラミング)、アドラー心理学を学び、うつやパニック障害、ストレスから来る疾患を完全に克服。

現在は、POINTS OF YOU®トレーナー、コーチ・カウンセラー、セミナー講師としての活動を通じて、他人の目を気にする人生よりも自分の人生を歩きたい人を応援し、どんな困難にも負けないストレスに強いしなやかなメンタルを身につけるウミザル式メンタルトレーナーとして活動している。

やっと、自分のライフワークとして打ち込める仕事を発見できたことに感謝する毎日を送る。

 

関連リンク

▼個人コーチング・カウンセリングについてはこちらのページ

 

 

このブログのタイトルロゴについて

眼線をあげて
このロゴは、鳥羽市在住で指文字アーティストPrink’m(プリンク・エム)遠藤美和さんにお願いしました。
彼女とは、iMug-伊勢志摩UserGroup-立ち上げ当時に定例会に参加していただいてからのご縁です。
このブログを始めようと決めたときに「ロゴデザインは、この人しかいない」と直感しました。
心が熱くなる素敵な文字です。感謝!
お子さんの命名式の文字とかお願いできるそうなので、遠藤さんのコンタクトはこちらから。
指文字 アート・グラフィックデザイナー/プリンクMのデザイン帳