瞑想や坐禅でよくある誤解


瞑想や坐禅をするのは無になるためなんて、誤解している人が多いようです。

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

人間、何も考えない状態は作れません。

だから、そもそも無になる事なんてできないんです。

何故かというと、「無になろう」と思った時点で「無になろう」って考えているから。

 

意識を今に向ける

じゃあ、どうすればいいのか?というと、いろんな雑念や考え事が浮かんできたら、そのまま手放してしまえば良いんです。

人が不安になったり、過去のことを悔やんだりするのは、その感情に飲み込まれてしまって頭の中がいっぱいになるから。

なので、その思い悩んでいる状態から抜けたい。

抜けることができれば、心が安定するんですよね。

手放す方法はいろいろあるんですが、よくあるのは小川をイメージして笹舟にその考え事を乗せて流してしまう。

または、考え事を風船に付けて飛ばしてしまうなどです。

雑念が出てきても、それが当たり前、それでOKなんです。

一番大事なのは、自分の雑念に気がつき手放すこと。

今は瞑想アプリなどが出ているので、使ってみると良いと思います。

スピリチュアルな感じですか?と敬遠される方がいますが、今やGoogleやApple社内に瞑想ルームがあるほど、ポピュラーな心を安定させるトレーニングなのです。

 

まとめ

不安や後悔で苦しいときは、心がまだ来ない未来へ行っているか、過ぎてしまった過去へ行っている状態。

その状態を意識的に呼吸へ集中することで、に意識を持ってくるのです。

そうすると、その苦しい状況から抜けることが出来ますよ。

それを応用しているのが、わたしがやっているメンタル・リセット・プログラムを使ったコーチングです。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

自分に自分へOKを出す

2021年5月6日

急がば回れの本当の意味、急ぐときほどユックリと

2021年5月4日

瞑想(マインドフルネス)がマイブーム

2020年11月17日
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です