その言動で問題が解決するのか?問題解決思考で行こう!

うつ・パニック障害


自分を責めたり人のせいにしたりして問題が解決するのでしょうか?

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

わたしが、うつやパニック障害に苦しんでいたときは、とにかくそんな考え方でした。

失敗を他人のせいにしたり、自己否定してみたり、完璧じゃ無いと気が済まなかったり…

でも、その考え方だと上手く行かないことが多いんですよね。

 

結果至上主義

結果が出ないより、出た方が良いし、上手く行かないより上手く行った方が良いのは言うまでもありません。

だけど、結果だけを追い求めてしまうと、上手く行かないことの方が多いようです。

結果って、その時の運もあるし自分の力以外の影響も大きいですよね。

だから、どうしても結果が出ないと自分を責めたり、落ち込んだりしてしまいます。

それだと、結局続けられなくなってしまうんですよ。

 

問題解決思考で行こう

だから、どうしたら今の問題が解決するか?に注目する考え方の方が、問題解決へ向けて建設的に考えることが出来るんです。

失敗を人のせいにしても解決しないし、自己否定しても問題は解決しない。

だから、過去を振りかえるより、「何をすれば、今の問題が解決するのか?」と未来へ目を向けた方が良いんです。

メンタルが不安定になりがちな人と話していると、すぐ過去の話になってしまいます。

あれだけ頑張ったのに…とか、一生懸命やってきたのに…とか、酷いことをしてしまった…とかね。

大事なのは、現状はどうなっているか?冷静に観察して、じゃあどうすれば問題が解決するのか?という考え方です。

 

まとめ

悔やんでも悔やみきれないこともあるでしょう。

後悔しても、後悔しきれないこともある。

でも、それは事実として受け止め、そこから何が学んだか?

そして、それをどう活かしていくのか?

そう考えた方が、幸福になれると思いますよ。

「そんなに簡単に未来を向くことができないよ」

という方もいるでしょう。

だから、ネガティブ思考を止めて「今」ココに意識を持ってくるのです。

ポジティブ思考になれなくても、ネガティブ思考は簡単に止めることができるのです。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

うつ・パニック障害

うつ経験者しか知らない「うつ病」になるリスク

2021年6月28日
うつ・パニック障害

深キョンが適応障害、あなたも頑張りすぎていませんか?

2021年6月2日
うつ・パニック障害

まずはネガティブな思考を止める(リセット)が大事な理由

2021年5月27日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア