メンタルを安定させる行動〜その3 気持ちよく謝罪する〜

うつ・パニック障害


ごめんなさいがなかなか言えませんでした

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

お恥ずかしい話、うつを病んでいた頃は「謝罪」が苦手でした。

今考えると「謝ると負けだ」とか「自分は悪くない」という考え方があったようです。

つまり、「他責の人」だったんですよね。

この考え方も、生き辛くなってしまいます。

何故なら…

 

他責の人

何故なら、他人は思い通りに動いてくれないから。

それに、人を責めても何の解決にもならないのです。

だから、他人を責めるとストレスが溜まってしまいます。

勘違いして欲しくないのは、「自分を責めろ」と言っているわけではありません。

自分を責めても、やはり何も解決しないのです。

それに、仕事で失敗しても、何か人に迷惑をかけてしまったとしてもワザとやった事では無いし、自分の価値が下がるわけでも無い。

ミスをした、失敗してしまった事は素直に謝罪して、今後はそのミスや失敗をどうしたら防ぐことが出来るのか?

今後の対策への学びとして活かせば良いと思います。

ミスや失敗をしてしまったら、謝罪してフォローして貰った方へ感謝を伝え、復旧が必要であれば復旧し、そして今後の学びにする。

すぐに受け止められないこともあると思いますが、失敗した事をいくら後悔しても、無かったことにはなりません。

だったら、今後どうなったら良いのか?

どんな状態が、自分にとって最高なのか?

そう未来へ目を向けて考える習慣が付くと建設的かつメンタルの安定へも繋がると思いますよ。

それに、職場でも家庭でもそんな態度で接すれば、人間関係は良くなっていくでしょう。

 

まとめ

自分が失敗してしまった事は、事実として受け入れて謝罪し、復旧に努める。

そして、今後の学びに変え、対応策を考える。

そういう誠実な態度が、周りの信頼を獲得することにも繋がり、人間関係も良くしていく。

わたしはそう思います。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

 

stand.fm (スタンドエフエム)で音声配信中!
音声で聴きたい方は▼こちらから
stand.fm (スタンドエフエム):メンタルを安定させる行動〜その3 気持ちよく謝罪する〜

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

うつ・パニック障害

メンタルを安定させる行動〜その1 サード・プレイスを作る〜

2021年12月26日
うつ・パニック障害

メンタルを安定させる行動〜その2 人のアドバイスを受け入れる〜

2021年12月27日
うつ・パニック障害

実は心の声には2種類ある

2021年12月21日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア