メンタルを安定させる行動〜その1 サード・プレイスを作る〜

うつ・パニック障害


メンタルを安定させるには、行動を変える必要があります

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

「自分のメンタルが不安定だった頃と今とは何が違うんだろう?」

と考えてみると、いくつか思い当たることがあります。

これは、わたしの場合なので、みんなに当てはまるかどうか解りませんが、参考にしてくださいな。

今日から、今年最後までシリーズでお贈りしますね。^^

 

生活が職場と家の往復

パニック障害を発症したのは、もう20年以上前ですが、朝起きて電車に乗って職場へ行き。

夜遅く帰ってきては、ゲームをして寝る。

仕事が忙しかったのもありますが、その繰り返しでした。

スポーツクラブへ入って運動するとか、趣味のサークル活動へ参加するとかもありませんでした。

転勤族という事もあり、今の世の中のようにインターネットもSNSも無かったので当然かも知れません。

その状態だと世間が狭いんですよね。

仕事が上手く行かない場合、イライラを家庭に持ち込んだりしてしまいがち。

逆に家庭でトラブルが起こると、仕事に影響が出てしまいます。

ですから、生き抜きする場所「サード・プレイス」を作るのをオススメします

サード・プレイスとは、コミュニティにおいて、自宅や職場とは隔離された、心地のよい第3の居場所を指す。サード・プレイスの例としては、カフェ、クラブ、公園などである。アメリカの社会学者、レイ・オルデンバーグはその著書『ザ・グレート・グッド・プレイス』(The Great Good Place)で、市民社会、民主主義、市民参加、ある場所への特別な思いを確立するのに重要だと論じている。

via: サード・プレイス – Wikipedia

特に趣味のサークル活動は、同じ価値観を持った人が集まるので、とっても居心地良いですよ。

わたしが、Appleユーザーグループの活動にハマったのもそれが理由でしょう。

素の自分でいられる「居場所」があるとメンタルの安定に役立ちますよ。

わたしは今、SNSが発達したのもあって、自分の夢を実現するために必要ないくつかのコミュニティやグループに属していて、そこでの交流が心地よいし、学びにもなります。

サードプレイスはいくつあっても良いと思います。

「人間関係に疲れちゃう」と思いますか?

先ほども書いたように、同じ目的、同じ価値観を持った人同士の交流って、利害関係が無いから職場や親族などの交流よりも、以後居心地いいですよ。

だから、大丈夫。

もし、嫌だったらその時にはフェイドアウトしてしまえばいい。

すぐに見つからなくても、自分の興味の赴くままに行動していれば、その内自分の魂が喜ぶ場所が見つかりますよ。

 

まとめ

知り合いが多ければ多いほど、自分のリソースが増えていきます。

つまり、知識や繋がりの資源が増えていくんですよね。

自分の居場所は、多ければ多いほど幸せな毎日が過ごせるようになりますよ。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

 

公式LINEではこのブログをサクッと聴ける音声メルマガとして配信しています。
公式LINE:https://lin.ee/1wDT7XP
今なら「自分へのダメ出しを止める3ステップ(動画)」をプレゼント。

音声で聴きたい方は▼こちらから
Standfm#001メンタルを安定させる行動〜その1 サード・プレイスを作る〜

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

うつ・パニック障害

不安解消法「今はどうなの?」と自分へ問いかける

2021年12月18日
うつ・パニック障害

今一歩を踏み出す「心の慣性の法則」

2021年12月19日
うつ・パニック障害

実は心の声には2種類ある

2021年12月21日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア