ま、いいか…

うつ・パニック障害

どうして人は自分へダメ出ししてしまうんでしょうか。

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

自分へのダメ出しをしている限り、変化は起きません。

怖くても、辛くても、自分を肯定する。

受け入れるところから人は変わり始めます。

 

ダメ人間製造中

例えば、人間、新しいことが出来るようになるまでには時間がかかります。

だから、教えられたことをすぐには出来ない。

しかし、真面目な方はこれをすぐにやろうとします。

そしてできないと「能力が低い」とか「努力が足りない」と思ってしまいます。

結果、ダメ出しに繋がる。

また、「同じ失敗を繰り返してはならない」と子どもの頃から言われた方も多いでしょう。

しかし、この考え方だと、慣れてないことを完璧にやろうとしてします。

だけど、慣れないので、同じ失敗を繰り返してしまって凹む。

そして「努力が足りない」と頑張る。

まだまだ、完璧じゃないと自分へダメ出しする。

それを繰り返すと立派な「ダメ人間」が出来上がります。

もちろん、自分の思い込みですけどね。

そして「ダメ人間」がセルフイメージとなり、やがてそのイメージどおりになってしまいます。

 

ま、いいか…

わたしが、コーチングやセミナーでやっているのは、このセルフイメージを変えていくことです。

そして、変えるためには何かうまく行かないときに、自分へダメ出しするのではなく、「ま、いいか…次に気をつければ」と流すこと。

この考え方、「そのままだと、いつまで経っても出来るようにならないのでは?」と感じた方もいるかもしれませんね。

しかし、人間繰り返し練習していけば、そのうち出来るようになるんです。

もちろん、出来るようになるまでの期間は人によって違うでしょうけどね。

わたしがよく例えに出すのは、自転車に乗れるようになるまでに一度も転ばずに乗れるようになった人はいない。

ということ。

全く出来ないことが、出来るようになるには何度も何度も失敗を繰り返す必要があります。

失敗は、出来るようになるまでのプロセス(過程)。

失敗するということは、出来るようになる練習を続けているということ。

しかし、ダメ出ししてしまうと、この練習をする気力が無くなってしまうのです。

そして、諦めてしまう。

だからこそ、うまく行かないときには十分に検証したら「ま、いいか…次回頑張ろう」なのです。

 

まとめ

嫌らしい、意地汚い、欲張り、怠け者…

どんな自分でも一旦受け入れる。

そこからです。

心の回復力が育て行くのは。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

落ち込んでも直ぐに立ち直る回復力が才能を創り出す

2021年6月22日
うつ・パニック障害

出来なくて当たり前

2021年5月14日
うつ・パニック障害

なかなか問題が解決しない人の特徴とすぐに問題が解決する人との違い

2021年4月4日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア