今一歩を踏み出す「心の慣性の法則」

うつ・パニック障害

なぜ人は行動へ移したいと思っていても、なかなか行動できないんでしょう

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

うつうつとしていた頃は、頭にあることを実行へ移そうと思うと、抵抗する自分がいました。

「やってみたいけど出来るかな?」
「大丈夫かな」
「何だか怖いな」

などなど。

 

心の抵抗

でも実際やってみるとなんてこのと無い。

「なぜこんなに迷っていたんだろう?」と思うこともしばしば。

そして、実際に行動へ移すとメッチャクチャ楽しい!という状態がやってくる。

わたしがAppleユーザーグループを作った時も同じ。

「楽しそうだな」と全国各地のイベントへ参加するようになって、仲間が増えていく。

その過程でも、そんな事が繰り返しされて大きな広がりになって行った実感があります。

そして6年後には、伊勢市内で初めてのAppleのイベントを開催できて約60人が集まり、北は盛岡、南は長崎の方にも参加していただきました。

嬉しかったな〜。

全国のイベントで今までお世話になってきた仲間へ、恩返しできたような気持ちでした。

 

最初の一歩

その大きなイベントの始まりも、独りで三重県鳥羽市人口が3万人もいない街で「Apple好きの仲間募集」をブログやTwitterで呼びかけてから。

その呼びかけをするにも、半年ぐらい躊躇したけどね。

でも、初回の呼びかけをしなかったら、6年後のイベント開催はありません。

もちろん、最初はそんなに大きなイベントへ繋がるとは、思ってもみませんでした。

 

心の慣性の法則

わたしは「心の慣性の法則」と呼んでいるのですが、最初の1歩を踏み出すにはとっても勇気が必要ですが、一旦動き始めたらスイスイ事が進み始めます。

もちろん、最初から上手く行くわけじゃ無いし、成果が出るわけじゃない。

だけど、少しずつでも、確実にその小さな一歩の波紋が世界へ広がっていくのです。

あなたも何かやってみたい。

何か変えたいことがあれば、「今」小さな一歩を踏み出すことをオススメします。

そうすると自分の気持ちも前向きになるし、楽しくなって自分を取り囲む世界が変わり始める。

 

まとめ

逆に、考えているだけで何も行動を起こさないと、何の変化もありません。

このままで良いのか?それとも望む未来へ行きたいのか?

「どっちの世界が良いのか?」よく考えて次の一歩を踏み出してくださいね。

大丈夫。

世間は案外優しいモノですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

 

公式LINEではこのブログをサクッと聴ける音声メルマガとして配信しています。
公式LINE:https://lin.ee/1wDT7XP
今なら「自分へのダメ出しを止める3ステップ(動画)」をプレゼント。

音声で聴きたい方は▼こちらから

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

うつ・パニック障害

人は理想の自分に挫折する

2021年12月13日
うつ・パニック障害

見方が変われば思考が変わる

2021年12月14日
うつ・パニック障害

不安解消法「今はどうなの?」と自分へ問いかける

2021年12月18日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア