自粛生活が終わっても忘れたくないこと

読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら


板子一枚下は地獄

パワハラ・モラハラ・いじめが無い、人々が横の関係で繋がる世界を創り、夢実現をサポートする【勇気づけの専門家】自己実現力育成コーチのメタルです。

「船底の板1枚下は地獄だ」昔から船乗りの間でいわれる言葉。

何故なら、海上は人間が生きていける環境ではないからです。

 

常に状況は変化している

細かい状況は忘れましたが、まだ新人の頃。

良く晴れた日でした。

ただ、海は時化(しけ)ていて、うねり(波長の長い波)が高い。

わたしが乗った巡視船は、沖合で機関故障船を曳航すべく漂泊中(エンジンを止めている状態)、わたし達は後部甲板で作業をしていました。

機関故障船は、巡視船の真後ろに浮いている状態。

作業が一段落して、わたしが現場から目を離し、手元の作業に熱中していると、目の前にいた先輩達が慌てて船首側へ逃げるのが見え、それと同時に船体に波がぶつかる衝撃を感じました。

わたしも、状況は解らなかったものの、身の危険を感じ、慌てて高いところへ避難。

しかし、腰ぐらいまで海水に浸かり、耳元で「シャワシャワ」という音が聞こえました。

船尾から大波を被り、デッキ(甲板)上を波が洗ったのでした。

少しでも逃げるのが遅れたら、わたしも波にさらわれ海へ投げ出されていたでしょう。

船に乗っているとき、特に時化ている時は常に周りの状況に気をつけていないと何があるか解りません。

船乗りの間では有名な話ですが、とある船の船長は風呂に入っていて揺れ方がおかしいのに気がつき、慌てて乗組員へ船底調査を指示したところ、浸水が見つかったとか。

ですから、航海中は船内では大きな音で音楽を鳴らしたり、騒いだりするのは禁じられていました。

エンジン(機関科)の人は、ワッチ(当直)以外の時も発電機やエンジンに異音がしないか気をつけていましたし、デッキ(航海科)のわたし達も、船の揺れや傾き、振動などに異常は無いか気を張っていましたね。

海の上にいる限り、絶対に安全な場所はないし、刻一刻と状況は変化しているのです。

 

自粛生活

この期間中、自分自身と向き合った人も多いんじゃないでしょうか。

これまで当然、当たり前だ、常識だと思っていた事が、どれだけありがたいことか。

今まで、どれだけ無駄な労力や時間を使っていたのかetc

大事なのは、そこから何を学ぶか、何を学んだか、それをこれから新しい生活へどう活かしていくか。

そういう観点から見ないと、今回の自粛生活が無駄に終わってしまいます。

安心な日々が戻ってくるのはとっても良いことですね。

しかし、これまでの自粛生活中のことは忘れたくないと思っています。

 

まとめ

緊急事態宣言が解除されつつあるのは喜ばしいことですが、新型コロナウィルスが無くなったわけではありません。

そして、新型コロナウィルスの状況は、常に変化しています。

これで終わりではなく、これから新型コロナウィルスとの共存が始まるのです。

だからこそ、自粛生活を通じて学んだこと、感じたことを人生の糧としたいと思っています。

苦しみを経験するから幸せの有り難みが分かる。
苦しむことは幸せになるためのプロセス。
〜美輪明宏〜

Written by ウミザル式自己実現力育成コーチ メタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

難しい・無理・でも・できない・だって 思考停止の呪文ができない自分を作る

2020年5月18日

レジリエンス〜時代の修正力から立ち直る力〜

2020年5月9日

欲望を使ってやる気にさせる方法

2020年5月6日
元気が出るメルマガ配信中
読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼あなたは打たれ強いですか?それとも...▼