✨️オンラインセミナー開催中✨️

あなたの自己肯定感をあげるシンプルな方法

自己肯定力育成記事
読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

▼あなたの心のしなやかさは?▼

登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る 「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」 アドラーオタクの管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。 また読者限定セミナーなども開催しています。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中! また、ご登録いただいた方には、特典として希望者の方にZoomにて無料セッションも行ってます。

詳しくはこちら

自己肯定感をあげる」ってタイトルに書きましたが、わたしはどうしても違和感があります。

パワハラ・モラハラ・いじめが無い、人々が横の関係で繋がる世界を創り、夢実現をサポートする【勇気づけの専門家】自己実現力育成コーチのメタルです。

自分で書いておいてなんですけどね。

どうして違和感があるかというと、人間誰しも「産まれながらに自分を肯定している」と思うから。

つまり、「自己肯定力」は、もともと備わっていると思うのです。

 

子どもの頃の自己肯定感

孫

わたしの孫(3歳男の子)を見ていると、もう良い意味でやりたい放題(笑)。

「あれしたい」「これしたい」って「やりたい!やりたい!やりたい!」というエネルギーで満ちあふれています。

この状態が、本来の姿だと思うんです。

好奇心に満ちあふれ、元気いっぱい。

だけど、どうして元々あった自己肯定感が下がってしまうのか。

たとえば、孫の状態が自己肯定感10だとしましょう。

それが、人によっては高校卒業する頃には、6ぐらいまで下がっている。

社会人になると4ぐらいに下がるかもしれません。

そして「人生こんなもの」と諦める人もいるでしょう。

どうしてこんな事になるんでしょうか?

 

人生のマニュアル

アドラーの言葉にあるように10歳の時にできあがった「人生のマニュアル」をいつまでも使い続けているからじゃないかなって思うんです。

人間は、経験からしか学べません。

だから、経験した結果から学んで次の行動への指針にします。

確かに子どもの頃はできないことが多い。

でも、それって当たり前なんです。

まだまだ知識と経験が無いのですから。

ただ、それだけのこと。

知識・経験を重ねることでできるようになる。

この「できなかった」時に親や周りの人から「できないのにやろうとしないで」とか「こんなこともできないのか」なんて言われると、それがマニュアルに書かれてしまう。

できないことはやってはいけない

簡単なこともできない人間だ

ってね。

そして、それがセルフイメージを作り上げるんです。

自己肯定って書くように、ただ単なる感覚がするだけ。

セルフイメージという通り、単なるイメージ

あなたの本来の価値とは「無関係」なんです。

大人になったあなたは子どもの頃と違って、多くのことができるようになっている。

ただ、それに気がついていないだけなんですよ。

そこへ目が向いていないだけ。

まず、その事に気がついてください。

実は、わたしも自己肯定感が低い1人でした。

わたしも子どもの頃から「どうしてこんな簡単なこともできないの?」とか「役に立たないわね」「ワガママばかり言うんじゃない」って母親から言われていました。

そして「出る杭は打たれるわよ」とできるだけ、自分の気持ちや意見を言わないようにしてきました。

結果、自分が大嫌いになったんです。

大嫌いな自分がいるかぎり、自己肯定感って保てないんですよね。

わたしが言っている意味がわかっていただけますか?

 

転ばずにできるようにならない

わたしがよくいう例えに「転ばずに自転車に乗れるようになった人はいない」があります。

逆に言うと、自転車が乗れるようになるには何度も転ばなければならない。

大事なのは、転んだ時。

転んだときに「どうしたらできるんだろう?」と考えるか、「どうせできない」と諦めるかなんです。

これは「思考の癖」、ただの習慣です。

「子どもの頃から使っているから簡単に変わらないよ」って思いましたか?

そう簡単(短期間)には変わりません。

でも、小さな成功体験を積み上げることで確実に変わります。

確実に元に戻ります。

保証します。

もう一度書きます。

自己肯定感は単なる「自己肯定感」とあるように単なる「感覚」であって、真実とは違う。

今はできないだけでなんです。

今はできないだけ。

諦めずに小さな成功体験を繰り返して行けば、必ずできるようになるんです。

 

成功体験を積み上げる

前述の小さな成功体験を積み上げるには、考え方を変え、行動を変える必要があります。

できない⇒どうせできない」から「できない⇒どうしたらできるんだろう?

へ変えていく。

できなかった時に「どうしたらできるんだろう?」という考え、行動していけば、少しずつ成功体験を味わえるので、そのまま自己肯定感も上がっていきます。

つまり自己肯定感10の大人に戻ることができる。

あ、一番やっちゃいけないのが、できなかった時に自分を責めること。

もちろん、反省は必要ですよ。

でも、大事なのはその反省の目的。

何のために反省するのか?です。

次に同じような事があったときに、同じ間違えをしないために反省するのであって、自分を責めるために反省するのではありません。

ここ、よく間違えます。

よりよい未来のために反省するんです。

自分を責めたって、なんの改善にもならない。

とはいえ、やったこと無いことをチャレンジするのは怖い。

誰だってそうです。

人間には、現状維持機能(ホメオスタシス)がありますから。

船も人生も同じ所に留まるのが一番難しい 進化する人・退化する人

2017年7月26日

怖いのは当たり前なんです。

 

コーチング

この考え方・思考の癖(パターン)の変化・変容を支援するのがコーチングなんですよね。

実際、わたしもPoints of You®コーチングゲームでセルフコーチングを繰り返したり、またコーチングを受けたり、ワークショップへ参加するうちにドンドン意識、考え方が変わってきました。

海上保安庁を退職した4年前とは、全く違った人間だと自信を持って言えます。

わたしのコーチングを売り込むつもりはありません。

もちろん、受けていただければ嬉しいですが…f^_^;)

少しでも、このコーチングを多くの人に知ってもらって、幸福へ舵を切って欲しい。

自分を好きになって欲しいんです。

イメージしてみてください。

会社で自分がやりたい仕事をバリバリこなしている状態。

どんな気持ちがしているでしょうか?

新しい未来へ向かって頑張っている自分を応援できたら、どんな気持ちになるでしょう。

大好きな仲間と一緒になって活動している自分。

そんな自分を素敵だと思いませんか?

自分や周りの人を応援しながら、幸福へ向かって舵を切る。

そうすると、充実した人生になると思いませんか?

 

まとめ

長々と書きましたが、自己肯定感をあげる方法はとってもシンプルなんです。

  1. 自分へダメ出ししている自分に気がつき、自分を責めるのを止める
  2. 「どうしたらできるんだろう?」と考え、成功体験を積み上げる

たったこれだけ。

これを阻むのが、子どもの頃にできあがった人生のマニュアル。

もうそろそろ新しいマニュアルを作りませんか?

Written by ウミザル式自己実現力育成コーチ メタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

あなたは何のために生きていますか?〜生きる目的〜

2020年4月15日
自己肯定力育成記事

自己肯定力を付けたければ自分の頭で考えろ

2020年4月1日

俯瞰(ふかん)する力が幸福へ舵を切るのに必要な理由

2020年3月26日
自己肯定力育成記事
読んだ人が眼線をあげるメルマガ配信中
読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

▼あなたの心のしなやかさは?▼

登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」、Zoomの使い方が解る「Zoom入門ラクラクガイドブック」、アドラーオタクの管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中! また、ご登録いただいた方には、特典として希望者の方にZoomにて無料セッションも行ってます。

詳しくはこちら