自己嫌悪に陥るとますます悪い現実がやってくる


自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

自分を責める

つまり自己嫌悪ですが、この感情が幸福から遠ざけます。

もう、何があっても、どんな失敗をしても自分を責めないことを決意してはどうでしょうか?

だって、自分を責めても何の解決にもならないんです。

いくら反省したところで、過去は変えられない。

 


自己嫌悪に陥る時って、どんな時ですか?

人に迷惑をかけてしまった時?失敗してしまった時?

どんな時ですか?

それって、自分を責めてどうにかなりましたか?

ますます悪い感情が湧いてきたんじゃないでしょうか?

もちろん、迷惑をかけた人がいれば人間としての謝罪は必要ですが、自分を責める必要は無いんじゃないでしょうか?

相手への謝罪と自分を責めることは、別時限の話だと思うのですがいかがでしょう。

それに自己嫌悪に陥っている時って、暗い波動を発しているので周りまで暗くしてしまいます。

余計に迷惑をかける。

自分にとって好ましくない現実が起きたら、落ち込むのは仕方が無いですが、自分は責めない。

そして、落ち込んだときは無理にポジティブになろうとせずに、トコトン落ち込む、徹底的に落ち込む。

そうやって、感情を十分に味わえば、バカバカしくなってまた前向きな感情が出てきます。

落ち込んじゃいけないと、無理矢理忘れようとしたり、ポジティブになろうとするのでいつまで経っても気持ちが前向きにならない。

いいんですよ、失敗したって、ヘマやったって。

それが自分なんだもん。

自分を責めて、暗〜い気持ちでいると、ネガティブなチャンネルに合わせてしまうので、ますますネガティブな現実がやってきます。

丸ごとゴッソリと受け入れて、自分を責めない

そうすることで、良い現実を引き寄せますよ。

Written by ✨Change view point コーチ メタル


 

メタルのおすすめ関連記事

自己受容とは何か?赦しと自分の価値

2018年10月12日

ダメ出しすると脳の働きを止める

2018年10月9日

私さえ我慢しても人間関係はよくならない

2018年10月5日
読んだ人が眼線をあげるメルマガ配信中
メルマガ

読者が元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!
メタルのイベント情報が気になる方もこちらから!!!
登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」と自分と向き合うことができる「ワークシート付き簡単セルフコーチングプレミアムワークブック」をダウンロードいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です