自分が自分の英雄になる

うつ・パニック障害


自分が自分の英雄になるそんな意識で行動すると面白いですよ。

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

昨日は、久しぶりに映画を観てきました。

面白かったです。(≧∀≦)

このシリーズが好きな人は観た方が良いですよ。

最後の種明かしがメチャ面白かった。

スケールがデカすぎる(笑)

映画が始まる冒頭の言葉が心に沁みました。

 

英雄が必要な世の中

「英雄のいない国が、不幸なのではない。英雄を必要とする国が、不幸なのだ」
〜ドイツ劇作家ベルトルト・ブレヒト〜

これって人間にも言えること。

言葉を置き換えてみますね。

「英雄のいない人が、不幸なのではない。英雄を必要とする人が、不幸なのだ」

どういう事かというと、「誰かがわたしを幸福にしてくれる」と思っている人は不幸だということ。

自分で自分を何とか幸せにしようとする。

誰かが助けてくれるじゃなく、自分で幸福になる。

そういう行動を起こす人が幸せに成れるのだと思います。

自分で学ぶのはもちろん、時には人の手を借りたりと、あらゆる方法を使って自分を幸せにしてあげる。

自分で自分を救い出す。

そんなイメージかな?

メンタルが安定し、毎日楽しく生きることができるようになる方法をお伝えするSECOND 2DAYSという講座を開催しています。

そちらでも、夜寝る前にその日あった「上手く行ったこと」 「良かったこと」「楽しかったこと」「貢献したこと」などを思い出してノートに記録しましょう。

とお伝えしています。

「何も無かったな」じゃなく、「楽しいことをやってみる」「貢献できることをしてみる」そんな事を意識して行動へ移すと、いくらでも書くことが出来るでしょう。

自分が自分の英雄になる。

日々起こっている楽しいことを探しましょう、そして楽しくなることをやってみる。

「コンビニの店員さんが笑顔で接してくれた」
「Amazonプライムで映画を観る」
「お風呂にゆったり入ってマッタリする」

小さな事でも良いので、必ず何かしら行動できるはずですよ。

 

まとめ

毎日楽しいことに目を向ければ、だんだんそこが増えていきますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

 

stand.fm (スタンドエフエム)で音声配信中!

stand.fm【幸福へ舵を切れ!】

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

うつ・パニック障害

生き苦しさから脱出せよ!-リラックスを心掛ける-

2022年1月22日
うつ・パニック障害

悩みが頭の中をグルグルする時の対処法

2022年1月25日
うつ・パニック障害

泣いていい、逃げてもいい、ただ諦めるな

2022年1月26日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア