生き苦しさから脱出せよ!-ガス抜きをする習慣-

うつ・パニック障害


疲れたら休むとてもシンプルな習慣

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

生きるのが苦しいと言われる世の中で、少しでも快適に生きることができるようになるヒントになるシリーズ。

今日は、第3話です。

うつ・パニック障害

生き苦しさから脱出せよ!-0か100かを止める-

2022年1月16日
うつ・パニック障害

生き苦しさから脱出せよ!-減点主義より加点主義-

2022年1月17日

 

うつになる原因

うつやパニック障害など、メンタルが不安定な方は1人で苦しみがちです。

わたしもそうでしたが、1人で問題を抱え込んでしまう。

例えば、仕事が多くて自分だけではどうしようも無いのに、頑張ってこなそうとする。

まだ慣れていなくて、上手くできないのに頑張ってミスを無くそうとする。

そうやって頑張ってしまって、自分が思っている以上に疲弊しているのに気づかない。

そういう状態に陥りがちです。

そうすると、不満や鬱憤(うっぷん)、イライラが膨れあがり心の中にいっぱいになっていきます。

そして、ガスが溜まった風船のようにある時、パ〜ンと破裂する。

それが、不眠や頭痛や肩こり、食欲低下や過食などの身体症状になって表れます。

こうなると「うつ病」と診断されてもおかしくない状況なんですよね。

 

ガス抜き習慣

だから、適当にガス抜きをする必要があるんです。

好きな映画を観るでもいいでしょう。

旅行が好きなら、旅行へ行って気分転換を図る。

温泉が好きなら温泉に浸かる。

自分のために時間を使い、リラックスできる時間を作る。

そうやって、休ませてあげてくださいませ。

「でも、忙しくてそんな時間はないよ」

とうい方もいるでしょうが、ガス抜きをせずに今のままで「うつ病」などのメンタル疾患にかかってしまうと、元も子もありません。

それに「頑張っているから周りは手伝ってくれない」そんな状況を自ら創り出しているのかも知れませんよ。

大丈夫、職場や家庭でもその人がやらなければ誰かがやります。

自分を大切にするからこそ、エネルギーが湧いてくるのです。

 

相談する習慣

それとこれが一番大切なのですが「相談する」ことを忘れないでください。

けして自分独りで抱え込まないこと。

「話しても何も解決しないよ」と思うかも知れませんが、それでもOKです。

話すだけで、安心できるのです。

「弱音を吐くようで嫌だ」という方もいらっしゃるでしょうが、弱音を吐くのは悪いことでもなんでもありません。

もちろん、相手は選んでくださいね。

相談して否定されたりしたら、さらに落ち込みますからね。

できれば、利害関係が無い人がいいでしょう。

オススメは、お医者さん、カウンセラーやセラピスト、わたしのようなマイナスレベルの学びをしたコーチなどのプロの手を借りること。

 

まとめ

わたしの後輩の潜水士は、職場の悩みを誰にも話さずに自ら命を絶ちました。

悩みは、誰かに話さないと誰も気がついてくれません。

けして、自分独りで抱え込まないこと。

これとても大事なのです。

自分に休みを与え、人に話してスッキリする。

そんなガス抜き習慣を作ってくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

 

stand.fm (スタンドエフエム)で音声配信中!

stand.fm【幸福へ舵を切れ!】

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

うつ・パニック障害

生き苦しさから脱出せよ!-0か100かを止める-

2022年1月16日
うつ・パニック障害

生き苦しさから脱出せよ!-減点主義より加点主義-

2022年1月17日
うつ・パニック障害

受け入れることで人は覚醒する

2022年1月13日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア