ドラムサークルでドンドコドンドコと言葉を使わず会話する気持ちよさを体験


ドラムサークルを体験してきました。

自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

ドラムサークルでは、太鼓を叩きながら参加者が一体となる感覚を味うことができます。

人間のDNAに含まれているリズムで、参加者全員が繋がったような感覚を受けました。

 

ドラムサークル

このドラムサークル、日本ではドラムサークルファシリテーター協会 (DCFA)がイベントやファシリテーターの育成を行っているようです。

今回、ファシリテータとして来ていただいたのは、愛知県を拠点に活動している ”くみん”さんこと「みのうら やすよ」さんでした。

Minoura

このドラムサークルで意外だったのは、ドラムを使わないパフォーマンスもいろいろあること。

▼こちらはエッグシェイカーと呼ばれるシェイカーの一種、振るとシャカシャカ音がします。
エッグシェイカー

 

▼こんなスティックを使った即興パフォーマンスをみんなでやってみました。
Stick

 

写真を撮り忘れましたが、ドラムとインディアンフルート(ネイティブアメリカンフルート)というリコーダーのような楽器を使って、即興演奏も楽しめます。

▼こんな音色

 

わたしは、Amazonミュージックこのインディアンフルートの音色を知ってからは、瞑想時のお気に入りのBGMとして使っています。

余談ですが、オーストラリアの先住民アボリジニやアメリカンインディアン達は、日常的に非言語コミュニケーションをとっていたようです。

 

非言語コミュニケーション

ドンドコドンドコ太鼓を叩きながらのパフォーマンスは、日本でも古くから神事などに使われています。

今回は、この原始的な楽器を総勢15人がみんなで叩いていく間に、不思議な一体感が生まれていきました。

そして、気持ちも盛り上がってとってもハッピーな気分に!!!

わたしも所属しているキャリアコンサルタント集団CA(CC&Associates)では、企業研修へこのドラムサークルを紹介しようと、今回の体験会を主催しました。

こういうコミュニケーションは、心と心の繋がりが生まれます。

組織の「集合知性」を高めるためにも、これからの企業にとっては必要なものだと感じました。
※集合知性とは、個人の知性ではなくコミュニケーションを円滑にすることで生まれるチームの知性。
この知性を伸ばすことによって、平凡の能力しか持たない集団でも、優秀な人材を集めた集団より高い能力を発揮できる。

 

まとめ

言葉はとても便利ですが、いつも感情や気持ちを正確に表せるとは限りません。

現代人や企業では、言葉によるコミュニケーションも大切ですが、このような非言語コミュニケーションも大切だと感じました。

次回、CA主催のイベントは、企業向けコーチングゲームPoints of You®体験会です。
わたしがファシリテーターやります!

企業向けコーチングゲームPoints of You®体験会

Points of You®企業向け体験会 「集合知性」を高めてチーム力UP!!! 2019年2月24日(愛知県) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

Written by ✨Change view point コーチ メタル


 

メタルのおすすめ関連記事

なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか?-リーダーシップとは-

2019年1月18日

ジョハリの窓と自己肯定感の意外な関係

2018年11月21日

コミュニケーションで一番大切なのはどんな力か?

2018年4月11日
読んだ人が眼線をあげるメルマガ配信中
メルマガ

読者が元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!
メタルのイベント情報が気になる方もこちらから!!!
登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」と自分と向き合うことができる「ワークシート付き簡単セルフコーチングプレミアムワークブック」をダウンロードいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です