「できること」よりも「やりたいこと」を選択する

自己肯定力育成記事
読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら


やる気が出ないときは、そもそもやりたいことなの?と自分に問いかけてください。

横の関係で繋がる世界を創る【勇気づけの専門家】自己肯定力育成コーチのメタルです。

人間、「できること」と「やりたいこと」が違うことがままあります。

例えば、できるからこの仕事をやっているけど、あまり楽しくない。

自分に合っているとは思うけど、なんだかワクワクしない。

こんなことないですか?

はたして、その状態はあなたにとって幸せでしょうか?

 

できること

わたしも35年間海上保安庁にいて、その内20年は船に乗ってました。

船の運航は楽しかったし、自慢じゃないけど自分でも操船(船の操縦)は上手な方だったと思っています。

自慢ですが(笑)

操船の上手下手はセンスだといわれます。

車の運転は、コンピュータで人間が操作しなくてもできちゃう時代ですが、船の操船は人間じゃないと多分無理。

というのも、潮の流れや風の影響が刻一刻と変わるうえ、船の形によっても動きが変わります。

つまり自然相手なので、予測不能なのです。

特に風が強いときや潮が強いときに桟橋から離れたり(離岸)、桟橋に着けたり(着岸)する時の操船は、いちいち考えていたら間に合わないんですよね。

経験に蓄積された勘が大事。

勘が悪い人、つまりセンスが無い人は何十年船に乗っていても下手です。

大型船の舵を持ちながら、「俺の方が船長よりうまいや」と思ったことが何度もあります。
(大型船の場合、船長は直接舵を持たずに船橋の外(ウイング)へ出て、船の動きを見ながら機関部へ指示を出したり、舵を持っている操舵手に指示を出します)

頭で理解しようとするのではなく、感覚で覚えるしかないんですよね。

人間の脳ってホントに高性能なコンピュータだなって思います。

 

話を戻しますと、そういう機械じゃできないこともできた私ですが、必ずしも海上保安庁での勤務、船での生活が好きだったか?と問われると「?」です。

船に乗っている間は、拘束されるし自分の自由がない。

海上保安庁も組織なので、縦社会です。

多くの人がいるので、今でいうパワハラもあったし、妬みもあった、仲間の悪口を言う人間も多くいいたし、愚痴ばかり言う人も。

横で繋がるのが好きなわたしには、苦痛でしかたありませんでした。

そういう環境にいて、ストレスまみれになって、うつやパニック障害、急性胃炎、中心性網膜症などを発症しました。

今と比べると、けして幸せではなかったですね。

だから、趣味のブログやAppleの活動にのめり込み、週末は飲みに行って散財していたんでしょう。

そんな趣味や活動は、わたしの人生に多大な影響を及ぼしているし、とても素晴らしい仲間と出会えたので良かったと思っています。

だけど今振り返ると、どこか歪な状態でしたね。

 

やりたいこと

ちょうど4年前のこの時期に、その状態に終止符を打ちたいと真剣に考え始めました。

ビジネスにも興味があったのでやってみたかったけど、公務員だったのでできない。

休みの日は、仕事を忘れてノンビリしたかったのですが、事件事故でいつ呼び出しがかかるか解らない。

旅行へ行くのも職場の調整が必要で、それもストレスになっていましたね。

そんな不満だらけなのに、通勤電車に乗って職場に行く自分が嫌でたまりませんでした。

正直、仕事を辞めてから何をしようかはあまり考えていませんでしたね。

変に楽天的なのか、どうにかなるんじゃねえかな〜って心の底で思っていたように思います。

今振り返ると、もっといいやり方はあったように思いますが、あの時期思い切らなかったら、ストレスを抱えながら未だに海上保安庁にいたかもしれません。

そう考えるとゾッとします。

そうは言っても、「やらなきゃならないことはやらなきゃならないでしょ?」「そんなに簡単に現実は変わらないよ」って思いました?

うん、うん、わたしもそうでした。

そう思っていました。

だから、辞めたいと思いながら、実際辞めるまでに6年かかっているんですよ。

自分の理想の世界に棲みたいと思ったら、それに向かって今少しでもできることをやる。

今の連続が、未来を創るのですから。

いつやるの! 今でしょ!

 

まとめ

書きながら少々、熱くなりましたが(笑)…

できるからやっちゃうけど、実はやりたいことじゃなかった。

そういうことは、良くあることじゃないんでしょうか?

もし、みなさんも現在の仕事などに「やる気が出ない」のであれば、そもそも「やりたいことなの?」と自分に問いかけてみてください。

生まれてきた意味を問うなんていうと大げさですが、本当にやりたいことなのか?と自分に問いかけることは大事ですよ。

それが、自分の心の声を聴くということであり、自分を大切にするということだと思うのです。

そしてその声のとおりに行動する。

そうやって自己肯定力が付いていくのです。

1度きりの人生なんです。

自分を解放してあげましょうよ。

『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やることは、私が本当にやりたいことだろうか?』『Noという日が続いたら、何かを変える時だ』 〜スティーブ・ジョブズ〜

Written by 自己肯定力育成コーチ メタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

自己肯定力育成記事

仕事人間は、実は仕事のことを考えていない!?

2019年9月19日
自己肯定力育成記事

実は考えすぎると始められない〜面倒くさいがなくなる思考法〜

2019年10月5日
自己肯定力育成記事

仕事人間は、実は仕事のことを考えていない!?

2019年9月19日
自己肯定力育成記事
元気が出るメルマガ配信中
読者の成長をうながし元気が出る「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼あなたは打たれ強いですか?それとも...▼