ダメ・ダメ・ダメ

うつ・パニック障害


人間注目している部分が増えていきます

【勇気づけの専門家】元海上保安官うつ専門メンタルコーチのメタルです。

人間は、どうして足りないところへ目が行ってしまうんでしょうか?

「足りない」「足りない」と思っていると、ドンドン足りないものが増えていく。

自分に対しても、他人に対しても。

だから、すぐにダメ出ししてしまうのですが、このダメ出しが一番やる気を無くさせるのです。

前進しようという意欲を失わせる。

そして、メンタルを不安定にさせるのです。

 

ダメ・ダメ・ダメ

これ、最近の脳科学でも証明されていて、ダメ出しすればするほど脳は機能が低下します。

でも、他人が自分へのダメ出しするのは止められないので、致し方ないのです。

だけど、それをまともに受けて、自分へのダメ出しするのは一番やってはいけないこと。

自分自身へのダメ出し「自己否定」も自分の能力やリソース(やる気)を削ります。

じゃあ、どうすれば良いのか?というと、「今までできたこと」、「今できていること」、「今できること」に目を向けてください。

そうすると、段々心が明るくなってきます。

しかし、これも一瞬明るくなったとしても、ネガティブな感情は強いので、また直ぐに戻ってしまうでしょう。

だから、心が回復して自分自身へやる気を出させるには、順序があるんですよね。

まずは、そんな「ダメ!ダメ!ダメ!」と自己否定を繰り返す思考を止める。

「今までできたこと」、「今できていること」、「今できること」に目を向けるのは、その後。

わたしがコーチングで使っているメンタル・リセット・プログラムでは、まずこのネガティブな状態を止めることから始めます。

 

まとめ

  1. 止める(リセット)
  2. 増やす(リソースフル)
  3. 変える(リフレーミング)

わたし自身も、落ち込むことがあってもこの順序でやれば大丈夫なのが解っているので、とっても楽になりました。

そして、新しい事へチャレンジする意欲も湧いてくるようになりました。

幸福へようそろう!でお願いします。
※ようそろう:武士言葉「よう御座候(ござそうろう)」が転じた海事用語・操舵号令。船首を向ける。または向けたの意味。
詳しくは、ようそろ – Wikipedia

Written by うつ専門メンタルコーチメタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

うつ・パニック障害

メンタル不調の原因はコレ〜他責と自責〜

2021年8月17日
うつ・パニック障害

子どもの可能性を信じれば、誰でも天才になれる

2021年7月24日
うつ・パニック障害

うつが改善し、人が輝き出す時

2021年7月22日
うつ・パニック障害
元気が出るメルマガ配信中
メルマガ 読むと元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!(無料)
メタルのイベント情報が気になる方もメルマガで!!!

登録特典として、、28日間のチェック付き「マインドフルネス習慣化シート」アドラー心理学を学んでうつが改善した管理人が選んだアドラーの言葉ベスト50を掲載した アドラー名言集をダウンロードいただけます。

「人生を変えるために必要な 7つのステップ(ステップメール)」も配布中!

詳しくはこちら

▼心の疲労度チェック▼

心の疲労度ファストスコア