自分を嫌わず受け入れると気持ちが楽になる


自分の好きな部分嫌いな部分

誰でもあると思います。

しかし、嫌いな部分を遠ざけよう、嫌だと考えてしまうと苦しいですよね。

なので、ここは思い切って受け入れてしまうのも1つの手です。

開き直りといってもいいかもしれません。

または、積極的に諦める。

 

どうせわたしは…

自分の嫌いな部分を見ないようにしようと目を背けることは、自分の中にあるモノを無視することです。

一見、これで解決しそうですが、実際にはあるモノを無いことにはできないので、無視する努力が必要です。

なので、結局はそれに注目しているわけです。

ですから、嫌っていてもいつまで経っても無くなることはありません。

そして、嫌っているからその欠点を他人から何かの拍子に指摘されると、怒りが湧いてきたり、コントロールが効かなくなったりします。

そんな反応をしてしまった経験はありませんか?

以前、別ブログで記事にしたんですが、「完璧な人間」は存在しませんし、欠点があるから人間なんです。

ですから、「わたしはこういう欠点がある、それは人間だから」と認めてしまうと心穏やかになるんじゃないでしょうか?

そして、他人から指摘されても「そうなんですよ、そこがわたしの欠点なんですよね」と素直に認めることができます。

それに対人関係において、どちらの人が好感を持てるでしょうか?

どちらが人間関係が円滑になりそうですか?

 

まとめ

自分の欠点を認めることは、とても辛いです。苦しいです。

でも、一旦そうやって割り切って認めてしまうと、案外心が楽になりますよ。

自分の感情も同じく、怒りの感情や、悲しみの感情を出さないようにしようと蓋をしてしまっても、感情はエネルギーなので、ず〜っとそこに残り続けます。

未処理の感情が多ければ多いほど、しんどいです。

なので、蓋をするのではなく、キチンと自分の気持ちを伝える練習をしてくださいね。

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

アファメーション-言葉を変えて問題解決-

2017.03.23

怒りには目的がある、相手の一次感情を探せば怖くない

2016.11.28

苦しければ逃げるという選択肢を自分に許す

2016.10.04

再起動計画セミナー開催

メタル
▼人生再起動計画実施中


『50代の人生再起動計画』とは?

わたしは今年56歳、昨年の3月で35年間勤めた海上保安庁を辞めて、人生を再起動しました。

よく訊かれるのが「どうして安定した公務員を辞めたのか?」「どうやって踏ん切りを付けたのか?」などなど。

50を過ぎると多くの組織で、定年まで10年を切ります。

しかし、隠居生活をするにはまだまだ働かなくてはならない。

そして、人生の折り返し地点もとっくに過ぎ、最後を迎えるまでそう長くない。

そんな時に、ふと頭をよぎるのが、「自分の人生はこれで良かったんだろうか?」という疑問。

私も、そんな疑問を心に秘めて毎日満員電車に乗っていました…
続きは▼こちらから

【名古屋】50代からの人生再起動計画セミナー〜人生をリスタートする6ステップ〜
12月22日(金) 18:30〜20:30

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です