人間の脳は「時間」「主語」「否定」を判別できないって知ってますか?


人間の脳には、顕在意識(意識)では理解できても潜在意識(無意識)では判別つかないモノがあります。

それが、時間主語否定です。

詳しく説明していきましょう。

 

人間の脳には今しかない

過去に起こったことを今現在起こっているかのように認識してしまい、苦しんだり、悲しんだり、喜んだり、嬉しくなったりします。

それが、その人にとって良いことであれば想い出に浸ることになり、悪いことであればトラウマ(外傷体験)となります。

また、まだ起こっていない未来を自分にとって良い未来であれば希望になり、悪い未来を想像すると不安になります。

しかし、貴方が生きているのは、いつでしょうか?

過去でも、未来でもない今現在

なので、今現在の状況、今現在できることをしっかりと改めて認識すると、今は安全だ今できることはこれだということに気がついて、過去の苦しかったことや不安から解放されることがあります。

 

人を呪わば穴2つ

人間の脳は、主語が理解できません、なので他人にありがとうと感謝すると自分に対して感謝することになります。
そして他人に素晴らしい!というと自分に対して素晴らしい!と称えることになります。

一方、人に対してバカヤロウと言うと自分に対してバカヤロウ死んでしまえと言うと自分に対して死んでしまえと言っていると潜在意識は捉えます。

なので、人の悪口をいつも言っている人は、ドンドン自分の評価が下がっていき、自分はダメな人間だと思い始めます。

そう思い始めるので、他人が怖くなっていつも威張ったり、人を貶(おとし)め、悪口を言って人の評価を下げて「自分は価値がある人間だ」と認識しようと試みます。

だけど、前述のようにそうすればそうするほど、自分の評価が下がっていくので悪循環。

いつまで経っても幸せを感じることができません。

これが、人を呪わば穴2つ(人を呪う時は、相手の分と自分の分、二つの墓穴を掘っておけ)の理論です。

逆にいつも人に「ありがとう」と感謝している人は自分に対しても「ありがとう」と感謝し、存在を認めているのでドンドン評価が上がっていきます。

評価が上がると、見える世界が自分にとって居心地の良い世界になるので、他人に感謝の気持ちが湧いてきます。

そして、感謝する人はドンドン幸せになります。

 

しかし、どちらも思っているだけでは効力がありません。

悪口を言いそうになったら「まあ、そういう奴もいるさ」と気持ちを解き放つ。

そして、面と向かってキチンと自分の考え、感情を伝える

そこから、コミュニケーションが始まるのです。

 

いくら心の中で「ありがとう」と感謝していても相手には伝わりません。

キチンと声に出して「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

そうすると、それまで素っ気なかった相手も、好意を持って受け入れてくれるようになるでしょう。

 

否定は肯定

  1. 廊下を走るな!と走っている生徒へ言うと生徒は「走るイメージ」が湧くので走りたくなるでしょう。
  2. この扉は絶対開けるな!と言われたので、鶴の恩返しの話ができました。
  3. 下を見ると落ちるぞと高いところにいる人に声をかけると「落ちるイメージ」できるので急に足が震えます。

このように否定形で支持をすると、逆効果。

これを「否定命令」といって、一見支援しているように見えて、実は逆の結果を期待するときに使います。

こういう場合は、

  1. ゆっくり歩け
  2. 扉は閉めたままにしておくこと
  3. まっすぐ前を見ろ

と指示してあげてください。

同じように何かにチャレンジする時は「失敗しちゃいけない」と思えば思うほど心の中に「失敗する場面」が浮かんできて、一歩が踏み出せなくなります。
失恋したときは「あの人のことを早く忘れたい」と思えば思うほど「あの人」をイメージするので、いつまで経っても忘れられません。

「何をやっても上手くいく」と考えている人は、何をやっても上手くいくし、「何をやっても上手くいかない」と考えている人は、実際何をやっても上手くいきません

なので、否定形で物事を考えるのを止めて「自分の夢が叶っている未来」をイメージして信じることで、その未来がやってきます。

何かにチャレンジする時は「成功しているイメージ」、失恋したときは「こんな人と付き合いたい」と強く願うと引き寄せることができると、わたしは思っています。

そして、,繰り返し言葉にしてイメージすることで、潜在意識へと浸透していきます

 

まとめ

この原則を知っていると、自分の感情やイメージをどうすれば良いのかが解ってきます。

ぜひ心に留めておいてください。

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

自信がある人は、実は自信があるように見える人 最初から自信がある人はいない理由

2016.10.06

苦しければ逃げるという選択肢を自分に許す

2016.10.04

幸せになる方法  今日あったポジティブなことを3つ思い出して寝る習慣

2016.09.28
メルマガやってます
アドラー心理学やPoints of You®ワークショップなどの話やわたしの日常生活で気づいたことなどを発信していきます。
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム
*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です