他人を変える無駄な努力は止めましょう


他人を変えることは、巨大な岩を自分の手で動かそうとするようなもの。

そんな無駄な努力をしていませんか?

「あいつが気に入らない!」「どうしてもっと優しくできないの?」「あいつがもっとこうだったら」

うつが酷かった頃のわたしは、いつも「他人を変えよう」としていました。

そして、変わらない相手に憤慨してストレスを溜めていました。

 


もう、いい加減に相手を変えようとするのは諦めてください。

わたしの経験上、気になる相手や鼻持ちならない相手は、「自分がやりたいけどできないことをいけしゃあしゃあ」とやっている相手です。

自分が我慢しているのに、あいつは!」と単に嫉妬しているだけのことが多いんです。

「なぜあいつには、あんな綺麗な彼女が!」
↑自分も欲しいのにできないから嫉妬

「なぜあいつは、あんなにズケズケとものを言うんだ!」
↑自分は言いたいけど言えないから嫉妬

「なぜあいつは、残業せずに帰るんだ!」
↑自分も早く帰りたいけど帰れないから嫉妬

そうなんです。

タダ単に嫉妬しているだけなんです。

  • 彼女が欲しかったら、合コンなどに出席して作る努力をすればいい。
  • ズケズケと物事を言いたかったら、言えばいい。
  • 残業したくなかったら、せずに帰ればいい。

それをできないのは誰?

行動できないのは何故?

それに早く気がついて、行動できる人になりませんか?

そうすれば、ストレスを溜めることなく楽しい人生を送ることができます。

先ず自分が変わる

それが「自分の人生を歩く」ということではないのでしょうか。

Written by メタル(@Metal_mac


 

メタルのおすすめ関連記事

謙遜は美徳?幸せを受け取る準備をしよう

2017.03.27

感情は同時に1つしか感じない 嫌なことを考えないより楽しいことを考える

2016.12.13

喜びやうれしさ、楽しいこと、感動は想定外からやってくる

2016.11.22

再起動計画セミナー開催

メタル
▼人生再起動計画実施中


『50代の人生再起動計画』とは?

わたしは今年56歳、昨年の3月で35年間勤めた海上保安庁を辞めて、人生を再起動しました。

よく訊かれるのが「どうして安定した公務員を辞めたのか?」「どうやって踏ん切りを付けたのか?」などなど。

50を過ぎると多くの組織で、定年まで10年を切ります。

しかし、隠居生活をするにはまだまだ働かなくてはならない。

そして、人生の折り返し地点もとっくに過ぎ、最後を迎えるまでそう長くない。

そんな時に、ふと頭をよぎるのが、「自分の人生はこれで良かったんだろうか?」という疑問。

私も、そんな疑問を心に秘めて毎日満員電車に乗っていました…
続きは▼こちらから

【名古屋】50代からの人生再起動計画セミナー〜人生をリスタートする6ステップ〜
12月22日(金) 18:30〜20:30

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です