アファメーション-言葉を変えて問題解決-


問題をつくりだした時と同じ考え方では、その問題を解決することはできない。

相対性理論を発見したアルベルト・アインシュタインの言葉です。

逆にいうと考え方を変えれば、問題は解決するわけです。

「考え方を変える」どうすれば良いのでしょうか?

 

言葉を変える

人は口から発している言葉が思考パターンになります。

口にした言葉を耳で聴き、それを脳に定着させます。

なので、昔から「言霊」なんていいますが、口にしたことが現実になるのは、脳が言葉にした声を認識し、現実だと思うからです。

ですから、「難しい」が口癖だと目の前には「難しい」事ばかりが現れます。

「しんどい」が口癖だと「しんどい」状態が続きます。

ですから、普段からポジティブな言葉を口にするようにする。

例えば「楽しい」「嬉しい」「感謝」などを口にしているとそんな現実が生まれてくるのです。

また、本当に悩んでいても、わざとポジティブな言葉を口にするといいですよ。

 

アファメーション

夜になると、顕在意識(通常の意識)よりも、潜在意識(無意識)にアクセスしやすくなるので寝る前にポジティブな言葉や、望む未来を口にすると、潜在意識に望む未来へ向かって脳が動くようにしむけることができます。

アファメーションというのですが、寝る前に何度も望む未来を読み上げてから寝るとより深く刻むことができるのです。

ただ、時間がかかるので、継続して言い続けることが大切です。

 

まとめ

信じるか信じないかはあなた次第ですが、ぜひ試してください。

どうせ失敗しても只ですからね。^^

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

感情は同時に1つしか感じない 嫌なことを考えないより楽しいことを考える

2016.12.13

怒りには目的がある、相手の一次感情を探せば怖くない

2016.11.28

喜びやうれしさ、楽しいこと、感動は想定外からやってくる

2016.11.22

再起動計画セミナー開催

メタル
▼人生再起動計画実施中


『50代の人生再起動計画』とは?

わたしは今年56歳、昨年の3月で35年間勤めた海上保安庁を辞めて、人生を再起動しました。

よく訊かれるのが「どうして安定した公務員を辞めたのか?」「どうやって踏ん切りを付けたのか?」などなど。

50を過ぎると多くの組織で、定年まで10年を切ります。

しかし、隠居生活をするにはまだまだ働かなくてはならない。

そして、人生の折り返し地点もとっくに過ぎ、最後を迎えるまでそう長くない。

そんな時に、ふと頭をよぎるのが、「自分の人生はこれで良かったんだろうか?」という疑問。

私も、そんな疑問を心に秘めて毎日満員電車に乗っていました…
続きは▼こちらから

【名古屋】50代からの人生再起動計画セミナー〜人生をリスタートする6ステップ〜
12月22日(金) 18:30〜20:30

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です