謙遜は美徳?幸せを受け取る準備をしよう


謙遜は美徳という考え方が日本にはあるように思います。

誰かに褒められると「わたしなんてまだまだですよ」とか「素敵ですね!」っていわれると「そうでもないですよ」なんて言ってませんか?

以前お話ししたように、言葉が現実を作るので知らず知らずのうちに肯定感が下がってしまうようです。

 

幸せを受け取る

こうやって賞賛されたり、すごい!といわれることって幸せじゃないですか?

みんな幸せになりたいというのに何故その幸せを受け取ろうとしないんでしょう?

不思議でなりません。

口癖になっているのかもしれませんが、それだと幸せが逃げてしまいそうですよね。

人に賞賛されたり、感心されたりしたら、素直に「ありがとうございます」と受け取りましょう。

それともうひとつ、受け取った方がいい理由があります。

 

相手に失礼

相手の方は、そう思ったから感じたからそう言ってくれるんですよね。

例え、お世辞で言ってくれているかも知れませんが、それはその方の好意です。

その好意や気持ちを否定して良いんでしょうか?

相手の気持ちを受け取らないって、実はとっても失礼なことを相手にしていると思ってください。

そして、自分も謙遜することで、自己否定をしてしまう。

そう考えると、抵抗なく幸せを受け取れませんか?

 

まとめ

こういう考え方は、価値観なので押しつけるつもりはありません。

ただ「謙遜は美徳」と思い込むのではなく、実際に「嬉しかったら嬉しい」と相手に感謝した方が、相手もこちらも気持ちが良いんじゃないでしょうか?

もちろん、「もっと成長したい」と思って、もっとココが上手くなりたいんです!などと言うのは良いと思いますが、必ず言ってくれた相手の言葉を一旦受け取る習慣を付けると知らず知らずのうちに自己肯定感が上がっていきますよ。

わたしですか?
「いい男ですね!」ってたまに言われますが、その時は「ありとうございます。よく言われるんです!」と有り難く受け取ることにしています。(笑)

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

アファメーション-言葉を変えて問題解決-

2017.03.23

感情は同時に1つしか感じない 嫌なことを考えないより楽しいことを考える

2016.12.13

喜びやうれしさ、楽しいこと、感動は想定外からやってくる

2016.11.22

再起動計画セミナー開催

メタル
▼人生再起動計画実施中


『50代の人生再起動計画』とは?

わたしは今年56歳、昨年の3月で35年間勤めた海上保安庁を辞めて、人生を再起動しました。

よく訊かれるのが「どうして安定した公務員を辞めたのか?」「どうやって踏ん切りを付けたのか?」などなど。

50を過ぎると多くの組織で、定年まで10年を切ります。

しかし、隠居生活をするにはまだまだ働かなくてはならない。

そして、人生の折り返し地点もとっくに過ぎ、最後を迎えるまでそう長くない。

そんな時に、ふと頭をよぎるのが、「自分の人生はこれで良かったんだろうか?」という疑問。

私も、そんな疑問を心に秘めて毎日満員電車に乗っていました…
続きは▼こちらから

【名古屋】50代からの人生再起動計画セミナー〜人生をリスタートする6ステップ〜
12月22日(金) 18:30〜20:30

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です