もう人生には最善最良のことしか起こらない


何言ってるんだ!と思う方がいるかもしれませんが、試しにそうやって考えてみませんか?

目の前で起きていることは、自分にとって最善最良のこと。

例えば、お腹を壊したとしても、怪我をしたとしても、借金を抱えて大変な思いをしているとしても。。。

今は解らないかもしれない。

もう死にたくなるほど辛いかもしれない。

でも、試しにそう思って自分の人生を観ましょうよ

そういう考え方で生きていると、こんなことが起きます。

 


問題が起こっても、大変なことがあっても何とかして乗り越えようという勇気が湧いてくる

あのスティーブ・ジョブズだって、自分で創設した会社を首になって追い出されました。

一時期はやけになったそうです。

でも、晩年のあの有名なスタンフォード大学でのスピーチでも、「後から考えたらAppleを追い出されたのは人生で最良の出来事だった」と言っています。

そして、後になってから点と点が繋がると…

今は大変だけど、これを乗り越えればきっと素晴らしい世界が待っている。

そう試しにそう思って考えてみてください。

あまり深刻にならずにゲーム感覚で。

そうすると、どこからか助けがやってきます。

シンクロニシティ」不思議な出会いがやってきます。

その時は、大変だ〜って思うかもしれないけどね。

波風の立たない人生なんて味気ないじゃん。

楽しみましょうよ。一日一日を。

参考までに

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

自分とのコミュニケーションをしっかりとる

2017.09.08

出来事・人をジャッジしないと楽に生きることができる

2017.08.17

相手を許し自分を許す

2017.05.25

メタル
▼人生再起動計画実施中


『50代の人生再起動計画』とは?

わたしは今年56歳、昨年の3月で35年間勤めた海上保安庁を辞めて、人生を再起動しました。

よく訊かれるのが「どうして安定した公務員を辞めたのか?」「どうやって踏ん切りを付けたのか?」などなど。

50を過ぎると多くの組織で、定年まで10年を切ります。

しかし、隠居生活をするにはまだまだ働かなくてはならない。

そして、人生の折り返し地点もとっくに過ぎ、最後を迎えるまでそう長くない。

そんな時に、ふと頭をよぎるのが、「自分の人生はこれで良かったんだろうか?」という疑問。

私も、そんな疑問を心に秘めて毎日満員電車に乗っていました…
続きは▼こちらから
【名古屋】50代からの人生再起動計画セミナー 2017年10月14日(愛知県) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です