再起動計画シリーズ -思考編- できるかできないか?やるかやらないか!


わたしが、55歳で国家公務員、海上保安官を辞めて人生を再起動するにあたって、大きくそれまでの考え方を変えました。

いったいどのように考え方を変えて、退職して何の経験も無いビジネスの世界へ飛び込んでいったのか?

そんな「再起動計画セミナー」でもご紹介した、思考の変化をお話しします。

第1回は、できるかできないかから、やるかやらないかです。

 

できるか、できないか

海上保安官時代は、こんな考え方でした。

仕事の評価=自分の評価

だと考えていました。

だから、失敗できない、やる以上成功させなきゃならない!と。

なので、一歩を踏み出すのが遅くて、締切ギリギリまで書類を提出できなかったり、他の人に援助を求めることも下手で、教えを請うこともできませんでした。

人を頼れない、人を信用していなかったのかもしれませんね。

だから、苦しくてうつにもなったのかも。

そして、5年の間悩んでいたのですが、この思考法では自分の人生を歩くことができないと悟りました。

 

やるかやらないか、やらないか

やりたいのか、やりたくないのかで、これからは判断しようと決めました。

つまり、自分の直感を信じることにしました。

結構怖かったです。

でもね。

人間の脳って、高性能なコンピューターだと思うんです。

Macよりもね。w

だから、最初っから答えを知っているんじゃないか、理由は分からないけど、きっとそっちが正解なんだってね。

今、心理学や潜在意識を学んで、確信できました。

間違ってなかった。

直感を信じるって、自分を信じることなんです。

自分の感じたままに、自分の人生をあるこうとすることは、自分を否定せず、自分を受け入れること。

直感を信じることができないということは、自分を信用していないことです。

それは、アドラー心理学の幸福の三条件のうち、自分が好きには当てはまりません。

つまり、その人は幸福じゃないってことになります。

もちろん、アドラー心理学の考え方ですから、他の考え方もいっぱいあるでしょうが、少なくとも私はそう考えました。

 

上手く行く行動パターン

この考え方だと、行動に迷いがなくなります。

成功、不成功を考えずに、自分のやりたいことをやるだけなのですからね。

もちろん、上手く行かないこともいっぱい有ります。

というより、9割方上手く行かないと考えていいでしょう。

でも、上手く行かないということは、改善の余地があるってことです。

上手く行かないことを改善改良して、またその道を進む。

そうする中で、自分なりに上手く行く方法や、考え方を学んでいくのです。

俗にいう、PCDAを廻すってやつですが、「できるかできないか」の思考方法だと、最初のP(プラン)の段階で立ち止まってしまいます。

なので、私の場合はDo(動く)Check(チェック)P(プラン)A(アクション)なのかもしれません。

つまり、「まず直感に基づいてやってみる、反応をチェックする、反応に基づいて計画を立てる、実行する」という順番です。

そこで、上手く行ったものについては、もっとやる。

上手く行かなかったら、他の手法を試す。

この反応の部分は、自分の外側(世間)もそうですが、自分の内側(心)にしっくりくるかも重要です。

 

正解は怖い方にある

まず、自分の直感を信じることです。

たいてい、直感はやったことのない、怖い方向へ行こうとします。

だけど、わたしの経験上、怖い方向へ行くと物事が上手く回り始めます。

最近では、行動しようとして心の中に不安や、恐怖が湧いてきたら「チャンスが来た!」と考えるようにしています。

参考までに

Written by メタル(@Metal_mac


☆再起動シリーズ

再起動計画シリーズ-マインドセット編-今ここを生きる

2017.11.04

再起動計画シリーズ-マインドセット編-自分を赦(ゆる)す

2017.11.03

再起動計画シリーズ-マインドセット編-シンクロニシティに生きる

2017.10.31

再起動計画シリーズ-思考編-全ては必要必然なことと受け入れる

2017.10.22

再起動計画シリーズ -思考編- GiveGiveGeve!!!

2017.10.19

 

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です