再起動計画シリーズ-思考編-全ては必要必然なことと受け入れる


55歳で国家公務員、海上保安官を辞めて人生を再起動しました。

このシリーズでは、サラリーマン時代とどう思考が変わったか?をお伝えします。

第3回は、全ては必要必然の出来事だと受け入れる考え方です。

 

良い悪いとジャッジする

何か出来事があると、多くの場合、人は自分にとって良いことと悪いことに分類して「良いこと」は受け入れて喜び、「悪いこと」は拒絶しようとします。

これも、1つの価値観、考え方、視点だと思います。

でも、この考え方で生きていると、とても苦しくなってしまったり、疲れてしまうんじゃないでしょうか?

自分ではコントロールできない、外側の出来事に感情が振り回されるからです。

 

一喜一憂

物事を「良いこと」と「悪いこと」とレッテルを貼ってしまうと、悪いことは拒絶したい、受け入れたくないという考え方になってしまいます。

でも、世の中には様々な出来事が起こっているわけで、それを自分に都合の良いように「良いこと」ばかりにできるわけじゃありません。

そして、「悪いこと」と拒絶したって、それをコントロールできる訳じゃありません。

だったら、もともとジャッジしなければいいんじゃないか?というのがこの考え方。

目の前に起こる出来事は、自分にとって必要なものだと受け入れてみる。

今は解らなくても、今は辛くても、苦しくても、とにかく受け入れると覚悟を決めてみると心が楽になります。

そして、自分にとって必要なんだと思えば、その苦難を乗り越えようという意欲が湧きます。

スティーブ・ジョブズは、自分が創設したAppleを追い出されたとき、人生最悪の日だと思ったそうです。

しかし、後から見てみればアレがなければ、今の自分はないとも言っています。

最後になって見て初めて、点と点が結ばれるのが解ると。

だから、その時は解らなくても、目の前に起こる出来事は、「自分の成長や発展に必要不可欠なものなんだ」と受け入れることによって、一歩一歩前へ進むことができるようになります。

少なくとも、わたしはそう考えることができるようになってから、とても楽になりました。

 

まとめ

「外側の出来事」つまり、世間で起こる出来事に自分の尺度で「良い悪い」を決めつけると、結局それに感情を振り回されてしまいます。

ですから、自分の「内側を整える」ことによって、いつもフラットな心で望めるようになるんじゃないでしょうか?

Written by メタル(@Metal_mac


再起動計画シリーズ-マインドセット編-今ここを生きる

2017.11.04

再起動計画シリーズ-マインドセット編-自分を赦(ゆる)す

2017.11.03

再起動計画シリーズ-マインドセット編-シンクロニシティに生きる

2017.10.31

再起動計画シリーズ -思考編- GiveGiveGeve!!!

2017.10.19

再起動計画シリーズ -思考編- できるかできないか?やるかやらないか!

2017.10.18

 

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です