プロフィール

このページでは、このブログの管理人について書いています。

このブログを書いている人

プロフィール

 

【勇気づけの専門家】 うつ専門メンタルコーチ
・名前等:ハンドルネーム メタル 本名:安田 伸也(やすだしんや)
・生年月日:1961年4月21日生れ
・出身・現在地:三重県四日市市

20歳で海上保安庁入庁。在職中は、潜水士・巡視船航海士・巡視艇船長、救難専門官を歴任し、海難救助を専門としていた。
その功績から海上保安庁長官表彰を3回授与される。

35年間の在職中、組織内のコミュニケーションに苦しみ、うつ・パニック障害、急性胃炎などを繰り返し発症する。
2010年に両親が70代前半で相次いで他界したことから、自分の残りの人生について向き合うようになり、2016年定年まで6年を残して退職。
NLP(神経言語プログラミング)、アドラー心理学、コーチングなどを学び、うつ・パニック障害を克服した。

2020年12月から、うつの予防と再発防止をテーマにうつ専門メンタルコーチとして活動中。

プライベートは、孫と遊ぶ優しいじいじ。

●主な資格
[海上関係]
潜水士、一級小型船舶操縦士、4級海技士(航海)

[心理関係] 
NLP マスタープラクティショナー、Points of You®認定トレーナー、エフェクティブコーチング認定コーチ

 

【プロフィール】

20歳で海上保安庁入庁。在職中は、潜水士・巡視船航海士・巡視艇船長、救難専門官を歴任し、海難救助が専門。在職中、海上保安庁長官表彰を3回授与される。

35年間の在職中、組織内のコミュニケーションに苦しみ、約20年間うつ・パニック障害、急性胃炎などを繰り返し発症する。

《始まり》

約20年前、朝早くから夜遅くまで仕事をしていて、夜帰ってくるのは終電間近。

子どもが産まれたばかりで、夜泣きもあり、なかなか眠れずに深夜までテレビゲーム。

そして寝ようとしても寝付きが悪く、酒を飲んで寝ようとしたが眠るが浅くなり、いつもボーッと寝不足状態。

そんな生活が続く中、当時住んでいたアパートで朝食を取っていると突然息苦しさを感じ、息苦しさのあまり、ベランダへ飛び出す。

数分で発作は治まったが、原因不明のまま病院へも行かず。

後から知ったのだが、これがパニック障害の発作の1つ「過換気症候群」過呼吸状態だった。

最初の頃は疲労が溜まっているんだろうぐらいにしか思わず。

しかし、過呼吸や突然不安感が襲うようになる。

ある時、帰宅途中夜道を歩いて、突然不安感が襲ってきて恐怖から逃れるために電車へ飛び込みそうに。

ひょっとして心が病んでいるのか?と思ったが、当時はまだまだパニック障害やうつなどの知識がなく。

その内治るだろうと放置していたが、約2年後危うく死にかけそうになる事が発生。

車の運転中に突然の恐怖心が襲い、踏切へ飛び込みそうになった時と同じように、その恐怖から逃れるために車を暴走しかけるが何とか切り抜ける。

医者でパニック障害と告知されたが、薬を飲んでいれば治るだろう思い。

そのまま薬を飲んでいたが、相変わらず時折パニック障害の発作や症状に苦しむ。

ただ、心が病んだと知れると職場の評判や、長期間休むと周りに迷惑をかけると思い、そのまま職場には伏せて勤務を続ける。

当時は、巡視艇の船長として勤務。

責任も重く、休みの日も呼び出される事が日常的にあり、休日もゆっくり休めないなどのプレッシャーから逃れるため、夜になると毎日酒を飲んでストレス発散しようとしていた。

今思うと、アルコール依存症の一歩手前だったのかも知れない。

 《うつの発症》

その後、再び陸上勤務となり、パニック障害をかかえたまま単身赴任生活を続けながら激務をこなす。

単身赴任生活中は、いつも仕事終わりに食事がてら居酒屋で夕食。

酔っ払って道に寝ていたことも。

ある朝、出勤するために単身赴任の部屋を開けようとするも、部屋で倒れ動けなくなる。

うつの発症だった。

そして「メンタルが弱い」「努力が足りない」などダメ人間というレッテルを貼られるが怖くて職場には言えずそのまま頑張って勤務を続ける。

結局、現役時代は調子が良くなったり悪くなったりを繰り返していた。

そんな人生が嫌になり、海上保安庁を定年まで6年を残して退職。

ビジネスに成功して、人生を良くしようと思ったが、うつやパニック障害は良くならず。

当時は、ネガティブ思考のままじゃダメだ、全く違う人間にならなくてはと焦っていた。

そして、心理学を学んだり、自己啓発セミナーへ参加したりしたが、完全に回復しなかった。

《出会い》

そんな状態の時、10年来の友人がうつになって働けなくなり、退職。どうにかしてあげたいと思っていたときに、「1日3分でうつをやめる。」という本を発見。

 

 

2019年末、メンタルコーチとして、10年間で1万件以上の相談をこなしている師匠のキングさんこと川本義巳氏との出会い。

2020年その川本義巳氏の元で【うつ専門】のコーチングを学ぶ。

そこで、自分を無理矢理変えようとしていたのは、間違いだったと気がついた。

何故なら、落ち込んでいる状態や自分へのダメ出しをしている状態を一旦止め、自分自身をやる気にさせモチベーションを上げてからじゃないと、自分を変えることができないと解ったから。

このコーチングを使って うつ病の友人に関わると、会う度に「死にたい」と言っていた友人が、約4か月でうつから脱出し社会復帰を果たす。

《うつ専門メンタルコーチ》

その効果を実感したことから、同氏の元でコーチングとメンタルケア、うつ専門コーチングの神髄を約1年間学び、2020年12月からうつ専門メンタルコーチとしてデビュー。

そして、実際にクライアントさんをサポートすると、

それまで失敗が怖くて、自分から接触的に行動できなかった方が、約3か月程度で気持ちが前向きになり、失敗しても改善していけば良いという考え方に変わる。

休みの日でも仕事が気になり、家族と遊びに行くことができなかった方が、約2か月でふらっと家族と旅行へ行けるようになる。

そんな素晴らしいことが次々と起こる。

現在は、「うつの予防と再発防止、人々に心が安定する方法を伝え、自死する人をこの世から無くすこと」をミッションに、うつうつとした状態の方はもちろん、メンタルを安定させたい方、レジリエンス(心の回復力)を養成したい人のサポートをしている。

 


▲5人の遭難者全員を救助できた一番印象深い海難救助