ポジティブな暗示をかける


海上保安庁時代、転勤が決まって職場を去るときに上司からこう声をかけられました。

あんたは何処へ行っても大丈夫だ

その時が初めての転勤だったので、7年間いた職場を離れ、新しい環境へ身を置くことに不安いっぱいだった私に勇気を与えてくれました。

それから先、辛いことがあっても、その言葉を思い出して頑張ることができました。

もうその上司は亡くなりましたが、とっても感謝しています。

心理学を学び始めて気が付いたのは、これって一種の暗示じゃないか?ということです。

 

暗示をかける

どんな人でも、他人の評価は気にします。

以前ブログにも書きましたが、自分では解らない部分もあるので、率直な感想や意見は参考になるんです。

それを受け取るかどうかは別ですけどね。

今回のように、不安になっているときの言葉って一層に印象に残り、セルフイメージに結びつきます。

サラリーマン時代に、焼酎を飲み過ぎて次の朝起きても記憶がないことが何度かありました。

それから「焼酎やウイスキーを飲むと二日酔いになる」という思い込みになって、10年ぐらい焼酎やウイスキーなど蒸留酒を飲まないようにしていました。

そして、その時はたまに飲むとやはり酷い二日酔いを起こしていたんです。

でも、最近のハイボールブームで、また飲んでみたいという欲求が強まり、少しずつ飲み始めたところ、酷い二日酔いになることはありませんでした。

こうして、徐々に復活。(これが良いか悪いかは別にして)

こんな風に人は、暗示にかかりやすいものなのです。

冒頭のようなプラスの暗示ならよいのですが、知らず知らずのうちにマイナスの暗示をかけていないか注意する必要があります。

 

マイナスの暗示

ダイエットをできない人が陥る罠も、この暗示の影響が大きいんじゃないでしょうか?

例えば、 夜10時以降に甘いものを食べると太る。

これも暗示です。

『夜10時以降に甘いものを食べると太る』と信じている、またはTVの健康番組でそう言っていた。

みんながそう言っているからという理由で、自分で検証もせずに信じ込んでいませんか?

私は、これまで10kgを上回るダイエットを3回成功させていますが、夜10時以降に甘いものを1回や2回食べたところで、そう大して体重に影響ありません。
※食べ続ければ、10時以降だろうが昼間だろうが太ります。リバウンドしているのは内緒w

全く気にしない人であれば、太ることもないんです。

ダイエットを辞めたしまうパターンは、

『ダイエット中だから食べちゃ行けない→食べるところをイメージする→食べたくなる→食べる→罪悪感→ダイエットを辞める→チーン』

完璧にしようと思うから、挫折してしまう。

ぜんぶ守らなくたっていいんです。

ダイエットを継続することができれば痩せていきます。

そして『食べちゃ行けない』という禁止命令は、心理学でいう「否定命令」となって、自分に食べろ食べろと言っているのと同じ。

 

またありがちなのは、子供に対するマイナスの暗示です。

『あなたはどうして勉強ができないの?』
『数学が苦手ね』
『このままじゃ、あの大学には入れないわよ』

これも子供のセルフイメージになります。

『あなたはどうして勉強ができないの?』=『自分は勉強ができない』

『数学が苦手ね』=『自分は数学が苦手』

『このままじゃ、あの大学には入れないわよ』=『自分はあの大学へは入れない』

親からの評価は、生死に関わるので強烈にイメージされます。

ですから、親の意に反して『勉強ができない人』『数学が苦手な人』『大学には入れない人』を育てているのです。

できないところを指摘するのではなく、少しでもできたところを認めてあげると良い方向へ向かうと思います。

職場でも同じく、できないところを指摘することで、仕事をできない人間を育てている場合があるのでご注意を。

 

まとめ

セルフイメージが、自分の全てを決めると言っても過言ではないと私は思っています。

ぜひ、自分にも親しい人にもポジティブな暗示をかけてあがてください。

参考までに

Written by メタル(@Metal_mac

 

この記事を読んだ人におすすめ関連記事

「ありがとう」の本当の意味とは? 自分も癒やされる感謝のことば言葉

2016.09.07

ストレスは実は自分自身で作り出している 多様性を認めることの大切さ

2016.08.20

働かざる者食うべからずってほんと?子供の頃の価値観がビリーフとなる

2016.09.06
メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です