幸せになる方法  今日あったポジティブなことを3つ思い出して寝る習慣

嫌なことがあった日は、もう早く寝て忘れたいって思ってふて寝をしてしまうと、暗〜い気持ちのまま次の日の朝を迎えることになります。

これは、人の脳は寝る前には顕在意識(けんざいいしき)つまり、起きている時の意識がだんだん弱まって、潜在意識(せんざいいしき)が活発になるからです。

だから、寝ている間も、寝る前の感情や出来事をず〜っと持ったまま過ごしてしまう。

嫌なことを忘れたいって思っても、「忘れたい」と注目することで、その状況をイメージしてしまいますから、寝ている時は嫌な感情を持ったまま寝ているんです。

だから、ふて寝をしてしまうと、寝起きも最悪になってしまうという理屈です。

こういう日が続くと、自然と潜在意識の中に「辛い」「苦しい」「駄目だ」などのマイナス感情が刷り込まれ、起きている間もこの気持ちが自分の中で大きくなってしまいます。

そういう負のスパイラルに巻き込まれると、ドンドン毎日が辛くなってしまうので、それを断ち切りましょう。

 

スパイラルを断ち切る方法

そこで、オススメなのは、寝る前にその日あった「楽しいこと」「嬉しかったこと」「感謝したこと」「微笑ましかったこと」など、プラスの感情を3つ思い出してから寝ること。

できれば、ノートや紙に書き出したり、スマホのノートに書いてもいいですね。

そんなにいいことなんて無いよ」って思うかもしれませんが、なんでもいいんです。

例えば、「今日街で見かけた赤ちゃんが可愛かった」「ショーウインドウに飾ってあった花が綺麗だった」「今日見た芸人のギャグで笑った」「イケメンを見かけた」「今日仕事中同僚の手伝いをして感謝された」etc。

そして、寝る前には3つ良かったことを書かなきゃと思うことで、潜在意識が楽しいことを探そうとします。

嬉しいことや楽しいことがあったら、スマホのメモ帳にメモをするのもいいでしょう。

そして、夜寝る前にその時の感情を思い出して十分に味わってください。

寝る前はプラスの感情を持って眠ると、朝起きた時にすっきりと起きられますよ。

 

幸せを探す練習

この寝る前にプラスの感情を3つ思い出す習慣は、もうひとつ良い効果があります。

それは、幸せを探す習慣が付くんです。

ふさぎがちな考え方をする人や、気が重いと思っている人は、何かある毎に否定的に捉えてしまうことが、習慣になっていることが多いのです。

思考の癖といってもいいかもしれません。

なので、その日1日にあった嬉しいことなどを意識的に探すことで、自分の中のプラスの感情に目を向けることができます。

もし、「1日何も良いことなんて無かった」という方は、リフレーミングを使って、いままで、「自分にとって好ましくない、不幸な出来事だ」と思っていた事象を良い事象に変えてみましょう。

リフレーミング(言い換え)でストレスを無くす考え方に変える

2016.09.14

寝る前に良いことを3つ自分の心の中に問いかけてみてください。

そうすれば、だんだんと幸せなことが見えてくるようになります。

 

まとめ

幸せを感じることができるようになれば、毎日が楽に楽しく生きることができます。

人間は、上を向いては悩めません。

眼線をあげて、幸せを探してみてください。

 

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です