価値観の押しつけは人間関係のトラブルの元


自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

わたしと娘(次女)との関係は、彼女が高校生のころまで、あまり良いものじゃありませんでした。

というか、完全に嫌われていました。
今は良好のはず(汗

単身赴任をしていたこともありますが、娘の小学校・中学校・高校の入学式や卒業式には一度も出席していません。

嫁さんに聞いたところ、「お父さんには教えないで」と言われていたそうです。

世の娘を持つ父親の中には、思い当たる節があるかもしれませんね。

人は往々にしてこれをやってしまうことがあります。

それは、価値観の押しつけです。

 

家族の形

わたしは、3人兄妹の長男として産まれました。

4つ違いの弟と更に4歳離れた妹がいます。

父親と母親の5人家族でした。

常に父親が権力を持つ、昭和時代のよくある家族。

父親の言うことが絶対的な権力を持ち、母親も勝ち気な性格の上にサバサバしていたので、家庭全般が男社会のようなヒエラルキーで成り立っていました。

一方、わたしの嫁さんは、3人姉妹の末っ子で、お父さんは物静かで優しいタイプ。

家庭全体がおっとりしている感じです。

んで、わたしの家庭は、わたしと嫁さん、娘2人の4人家族。

わたしが長い間単身赴任でいなかったので、家の中はもうスッカリ女社会です。

家庭にはいろいろな形があるようですが、わたしの育った環境は「封建家族」、嫁さんの育った環境は「民主主義家族」と言えるのかもしれません。

例えば、家族旅行の行き先を決めるのに、封建家族の場合は権力者である父親が「温泉へ行くぞ」の一言で行き先は決まります。

ですが、民主主義家族だと行き先を決めるときは「どこへ行きたい?」という意見聴取から始まりまり、「温泉」「ディズニーランド」「USJ」など、みんなの意見を訊いてから、「それじゃあ今回は温泉へ行こうか」と話し合いで結論が出ます。

また、その話し合いの過程も楽しんでいるようです。

単身赴任でわたしが家族と離れている間に、我が家は当然「民主主義家族」としての形が出来上がっていたわけです。

 

価値観の押しつけ

実は、家庭という閉鎖された社会のルールって、超ローカルルールなんですよ。

だから、自分の家庭の常識が、他の家庭の非常識なんて良くある話。

例えば、夕食の副食の数が、1個の家庭もあれば、6〜7種類は出てくる家庭もあるのです。

わたしの家庭は、前者で、例えば天ぷらだったら、天ぷらしか出てきません。

ハンバーグだったら、ハンバーグ一皿だけ。

結婚したてのころ、嫁さんが何種類もおかずを作ってくれたのをみて「旅館の夕食か?」と感動すると同時にビックリしたものでした。

話を元に戻しますと、そんな民主主義家族の中へ、たまに帰ってくる父親が権力を振りかざして自分の考えで「旅行の行き先」を決めたりするので、良い関係でいられるわけがありません。

この食卓の皿数だったり、旅行の行き先の決め方だったりが「価値観」として潜在意識の中に刷り込まれています。

そして、これを相手に押しつけてしまうと、わたしと娘の関係のように良い関係でいられなくなるのです。

ところが、この価値観、本人の中では「常識」なので、押しつけていることすら自覚できません。

なので、相手に反発を受けたときに、大いに戸惑ったり、悩んだりします。

会社などの組織で、上司が部下へ「価値観」を押しつけてしまった時には、知らない間に「パワハラ」として受け取られる場合もあります。

よくある「俺が若い頃に仕事は、教わるものじゃなく…」というのも価値観で、人によって違うのです。

 

まとめ

自分の中の常識である、この価値観の違いに気が付くことで、多くのコミュニケーションは上手く行くと思うのですが、みなさんはどう考えますか?

“人生の質はコミュニケーションの質”
by アンソニー・ロビンス

Written by ✨Change view point コーチ メタル


コミュニケーションの質を向上させる▼POINTS OF YOU®エバンジェリスト養成講座の日程

 

 

 

メタルのおすすめ関連記事

人間関係は鏡の法則

2018.03.20

コミュニケーションで一番大切なのはどんな力か?

2018.04.11

人に任せることは人を信じること

2018.02.08

Points of You®体験会

思考・視点を変えて主体的に生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です