引き寄せの法則では何故感謝するのか


引き寄せの法則って、信じていますか?

自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

ここ1〜2年、心理学からスピリチュアルな分野へ興味が出てきて、その関係の本をいくつか読んでいたのですが、イマイチ引き寄せのロジックが解らない。

腑に落ちなかったんです。

でも、最近「あ〜!そういうことなのね」というのに気が付いたのでシェアしておきます。

わたしのように、今まで、関心はあったけどイマイチだった人には響くかも。

人はコンフォートゾーンに戻る

2017.11.27

未来は幻想と妄想、不安を断ち切るマインドセット

2018.07.05

 

引き寄せの法則の手順

いろいろ引き寄せの法則に関わる本を読んできて、一般的に言われているのがこの手順。

  1. 望みを書き出して強く願う
  2. 望んだ状態に成りきる
  3. 感謝して執着を手放す
  4. 宇宙に任せる

この一番最後の「手放す」は「執着」することを辞める。

という意味です。

でも、本によっては「祈り続ける」ことが大切とも書かれています。

この「祈り続ける」のと「執着」するという同じような行為なんですが、どうもまるっと違うようなんです。

わたしも、「結局どっちなんだろう」と不思議に思っていたんです。

でも、こう考えると腑に落ちました。

 

感謝の力

引き寄せの法則では、感謝することが大切だと言われます。

感謝することは、素晴らしいことだし、なんとなく必要なことなんだろうなって思います。

だけど、イマイチ腑に落ちなかった。

だけど、こう考えればいいんじゃないでしょうか。

感謝できるのは、もう既にそうなっている状態だから。

感謝することによって、執着が自然になくなっていく。

だって、感謝できるのは、自分は満たされているという状態だからなんです。

反対に執着するのは、自分は満たされていないという状態。

感謝して、人のために祈ることができるのは、自分が満たされないとできないことなんですよね。

 

まとめ

もし、あなたが満たされていないと思ってしまうのなら、もう一度心の中を覗いてください。

そして、今ここに意識を集中させる。

そうすると、今現在「ご飯を食べることができる」「ブログを読む時間がある」など結構満たされていることに気が付くはずです。

あ、そうそうこの年末年始、神社仏閣へ参拝することが多いと思います。

多くの人が勘違いしているのは、神さまはお願いするところではなく、感謝するところ。

「こうなりたい」と願ってしまうと「こうなりたい」状態が続いてしまう。

だから、いつまで経っても望みが叶わないといわれています。

なので、既にそうなっている状態として「ありがとうございました」とお礼を言いましょう。


▲写真は伊勢神宮 正宮

参考までに

Written by ✨Change view point コーチ メタル


 

メタルのおすすめ関連記事

人はコンフォートゾーンに戻る

2017.11.27

未来は幻想と妄想、不安を断ち切るマインドセット

2018.07.05
思考・視点を変えて主体的に生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です