自分の心をスケーリングしてコントロールする


先日、東京であったセミナー『相手の心に火をつけるコミュニケーション』へ参加してきました。

ここで、面白いことを教えて貰いました。

メルマガでも書いたのですが、もうちょっと詳しく書きます。

 

肩の痛み

NLP(神経言語プログラミング)がモデリングした、ミルトン・エリクソンというセラピストでカウンセラーがいます。

その人の所へ、「肩が痛い」という男がやってきた。

他の医者にかかってもいっこうに良くならなかったという。

ミルトン・エリクソンはその男に問いかけました。

「今,肩の痛さが最高に痛いのを10点満点にすると、今は何点ですか?」

「7点ぐらいです」

「じゃあ、8点にしてください」

つまり、今より1点あげて痛くしろとエリクソン。

その男は、ビックリしながらも言われるがままに肩を回したりして、ちょっと痛くします。

「8点になりました」

「じゃあ、7点に戻してください」

男は、ビックリしながらも、気が付きます。

肩の痛さは自分で調節することができる』ということを。

 

心の状態

これと同じように、自分の心の状態もスケーリングする(点数化する)ことによって、コントロールできるようです。

マインドフルネス(瞑想)をしているときに、自分の心の状態を観察するといいとか。

一番自分の心の良い状態を10点として今が何点なのか、点数を付けます。

そして、心の変化を観察する。

深呼吸したり最近あった嬉しいことなどを思い出すなど、工夫すれば6点だったのを7点にすることができるでしょう。

つまり、自分の心はコントロールしようとすればできる。

わたしが思うに、こうすることによって自分を俯瞰して客観視することで、冷静に自分の状態を把握することにも繋がるんだと思います。

なにか、悩んでいたり、大変だったりするときに自分の心をスケーリングしてみて、少しでも良い状態を作るようにすると、いいかもしれません。

 

まとめ

人間は、スケーリングできるとコントロールしようという意識が働くそうです。

なので、毎日同じ時間に体重を計測するだけで、ダイエットもできるとか。

つまり、レコーディングダイエットですね。

わたしも、2〜3回10㎏を越えるダイエットをしたことがありますが、毎日同じ時刻に体重を量っていました。

今は治っているのですが、わたしは、2〜3週間前に腰が痛くて医者へ行きました。

今度、腰が痛くなったら、スケーリングして和らげることができるかも…

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

自分の中の自分と対話して問題解決を図る方法

2017.07.07

カウンセリングとコーチングの違い

2017.03.24
メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です