行動の基準を変える


昨年、35年間勤めた海上保安庁を辞めるときに、思考パターンを変えました。

それまでは、何かを始めるか否かの基準をできるかできないかだったのですが、辞めると決めたときこれからは、やるかやらないかにしようと決意しました。

よくよく考えたらできるかできないかなんて、やってみないと解らないんですよね。

だから、いつまで経っても行動できない。

しかし、思考パターンをやるかやらないかに変えるとこんなことが起きます。

 

やるかやらないか

はっきりと行動するか、辞めるのかを決めるので、グズグズせずに次に取るべき行動が明確になります。

つまり、「やらない」と決めれば、じゃあ何をやろうか?と次の目標を探し始めます。

そして「やる!」と決めたのなら、じゃあどうすればできるだろうかと脳が検索を始めます。

まず、どうするかを決めることで、次のステップへ進めるのです。

でも、最近判断基準がこれだけじゃ不十分だと解りました。

実際にやってみて、達成できるのかできないのか?は他にも基準があったんです。

 

それは恐怖からの行動?愛からの行動?

「○○にならないように行動する」

行動の基準がネガティブから発していると、成果は出にくい。

それに苦しい。

わたしが、過去アフィリエイトで収入を得ようと頑張りましたが、食べていけるほど儲かりませんでした。

今思うと、それは行動の原動力が、「喰っていけるようにしなけりゃならない」とか「なんとか生活できるようにしないといけない」という恐怖からの行動だったから。

結局、「お金がなくなるのが怖い」という感情から動いていたんです。

だから、ひたすら脇目も振らず、休みもせずに頑張りましたが、結果はでませんでした。

ブログ記事のベクトルが「自分のため」でしかないので、読者の方に有益な情報を与えることができません。

もっと、「ブログを読む人の役に立ちたい」という気持ちを原動力にしなけれならないのです。

そして、収入などの結果は、後からついてくるモノなのです。

行動に優しさが伴わないと、結果も出ません。

ここで注意点ですが、この愛は自分へも向けてください。

人の役に立たなければ!と自分を追い込んでしまうと、それも恐怖からの行動となります。

自分を満たし、癒やし、許さないと自分を良い状態にできません。

ウミザル時代の訓練の8割方は、「どんな状況になっても自分は助かる」「どんな状況になっても生きて帰ってこれる」というものでした。

人を助けるのに、自分が不安定な状況では、救助することはできません。

人の役に立つためには、まず自分を最高のパフォーマンスを発揮できる状態にするのが先決なんです。

 

まとめ

行動の原動力・基準を人の役に立つか立たないか?

ここに置くことで、迷走せずに目的地へたどり着けるでしょう。

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

『潜在意識をとことん使いこなす』ことで自分の人生を歩く

2017.08.07

自分の心をスケーリングしてコントロールする

2017.07.19

自分の中の自分と対話して問題解決を図る方法

2017.07.07

再起動計画セミナー開催

メタル
▼人生再起動計画実施中


『50代の人生再起動計画』とは?

わたしは今年56歳、昨年の3月で35年間勤めた海上保安庁を辞めて、人生を再起動しました。

よく訊かれるのが「どうして安定した公務員を辞めたのか?」「どうやって踏ん切りを付けたのか?」などなど。

50を過ぎると多くの組織で、定年まで10年を切ります。

しかし、隠居生活をするにはまだまだ働かなくてはならない。

そして、人生の折り返し地点もとっくに過ぎ、最後を迎えるまでそう長くない。

そんな時に、ふと頭をよぎるのが、「自分の人生はこれで良かったんだろうか?」という疑問。

私も、そんな疑問を心に秘めて毎日満員電車に乗っていました…
続きは▼こちらから

【名古屋】50代からの人生再起動計画セミナー〜人生をリスタートする6ステップ〜
12月22日(金) 18:30〜20:30

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です