【アドラー心理学】優越性の追求 普通である勇気 ドラマ 嫌われる勇気 感想 第8話の解説


アドラー心理学をテーマにしたドラマ嫌われる勇気アドラーオタクのメンタルサポーター メタル(@Metal_mac)が、明確に感想を交えながら解説します。

今回は第8話、優越性の追求・今ここを生きるでした。

 

特別な存在

人間には承認欲求があります。

「他者に認められたい」 「他者にいいように思われたい」誰にでもある欲求だと思いますが、アドラーはそんな承認欲求を否定しています。

他者からの承認を受けようとすれば、自分より他者の評価を基準にして生きる道を選ばざるを得ません。

それでは、本当に自分のやりたいことができなくなってしまいます。

一方、正当な方法(成績を上げる・スポーツなどで活躍する)での評価・承認を受けることができなかった場合、安直に「優越性の追求」に走り特別な存在であろうとする場合があります。

これが、今回、ドラマのテーマでした。

暴力によって、「優越性を追求」したばかりに殺人を犯します。

 

過去に囚われた生き方

今回の犯人は、過去に殺された兄弟の復習のために殺人を重ねます。

大文字教授が「過去に囚われず、未来に怯えない、今ここを生きる」と言っていましたが、そのような復習は過去に生きること。

人間がコントロールできるのは「今ここ」しかありません。

過去にあった辛いできごと、悲しいできごとは終わったことであり「過去」なのです。

今は起きているわけではありません。

アドラー心理学では、トラウマを否定しています。

何かの目的があって無意識のうちに「過去にあった辛い体験」を持ち出しているのだと。

過去の辛い体験をあたかも「今起きていること」のようにイメージすることによって、「今」苦しみます。

また、不安に苛まれたときは、まだ起きていない未来のことを「今起きていること」のようにイメージして「今」不安になります。

ですから、心を楽にするには「今何が起きているのか」を明確にして「今何をすれば良いのか・今できることは何なのか」を考えることによって、生きる希望が湧いてくるのです。

 

まとめ

わたしも何か不安になったとき、不安から目を背けるのではなく、不安要素を明確にしてその要素を回避するために「今できること」を探しました。

そうすることによって、心が落ち着き冷静になることができたのです。

みなさんも、辛いことを思い出したり、不安を覚えたら「今ここ」に戻り、何ができるのかを明確にすると、心が落ち着きますよ。

Written by メタル(@Metal_mac

子育て・問題行動にお困りの方はこの本が参考になります

 

メタルのおすすめ関連記事

【アドラー心理学】他者信頼と貢献感 ドラマ 嫌われる勇気 感想 第6話 第7話の解説

2017.03.01

【アドラー心理学】課題の分離 ドラマ 嫌われる勇気 感想 第5話の解説

2017.02.10

【アドラー心理学】承認欲求ドラマ 嫌われる勇気 感想 第4話の解説

2017.02.03
メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です