価値観を押しつける人のパターン

コミュニケーションを失敗するパターンはいろいろあると思いますが、その中の1つは価値観の押しつけじゃないでしょうか?

つまり、自分が良いと思った考えや「こうあるべきだ」という価値観を人に押しつける。

人の価値観や大切にしているものを否定して、自分考えなどを強要すると、必ずといっていいほどコミュニケーションが上手く行きません。

これは、逆の立場で物事を考えれば、簡単に解ると思います。

でも、押しつける側の人って、その人なりに苦しんでいるのかもしれませんよ。

 

承認欲求

誰かに「認めて欲しい、認められたい」というのが承認欲求です。

この気持ちが強いと、ついつい人に同意を求めてしまいます。

そうだよね!」、とか「普通はこうだよ」とか「普通はこうだろう」etc

私には、その裏側に、「認めて欲しい」という強い気持ちと「認めて貰えない=愛して貰えない」という恐怖心が潜んでいるように見えます。

普通は人によって違うのです。

これをNLP(神経言語プログラミング)では「頭の中の地図」、アドラー心理学では「人は色眼鏡をかけて世の中を見ている」といいます。

人によって同じものを見ても、同じ体験をしても受け取るものは違う。

認識が違うんです。

 

自分のパターンに気が付いたら

自分がこのパターンにハマっている。

つまり、同意を求めることが多いなと感じたら、I(あい)メッセージで話すようにトライしてください。

「私は、○○だと思う」とか「私には○○だと思えるんだけど」とか。

もし、「○○だよね」と言いそうになったら慌てて「○○だ…と私は思うんだけど」と言い換えてみてはどうでしょう。

そうやって、言葉を変えていくと人間関係も改善すると思いますよ。

 

まとめ

この「人によって価値観が違う」ということを多くの人は知りません。

なので、コミュニケーションが上手く行かなかったり、争いが起こったりしてしまうんです。

もし、あなたの周りにこういう方がいたら、温かい目で見てあげてください。

価値観を押しつけてしまう人は、セルフイメージが低くて承認欲求に苦しんでいる人だと私は思うんです。

私もうつを発症したときは、そんな風に価値観を押しつけて、いつも怒ってばかり。

不満をまき散らしていました。

周りの人々が全員バカに見えました

そんな状態で、コミュニケーションも上手く行くわけがなく、何故だか解らないけどいつも、”淋しい”と感じていました。

まず発する言葉から変えることで、人生は変わっていくと思います。

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

出来事・人をジャッジしないと楽に生きることができる

2017.08.17

ジョハリの窓 他人が知っている自分、他人の知らない自分

2017.06.11

嫌っていることは相手にも伝わる 例外に目を向ける

2017.05.26
メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です