苦難を乗り越え不安を消す方法 〜今ここを生きる〜


昔、私を入れて乗組員5人の巡視艇船長をしていた時のこと。

業務を終えて基地(港)へ帰る途中、大時化(しけ)に遭いました。

波の高さは5メートル近くあり、長さ20メートルの巡視艇は木の葉のようです。

 


船というのは、波を乗り越えることができるように、前から来る波には強くできています。

まっすぐ波に向かって進んでいるときは、まだ大丈夫。

といっても、5メートルの波を乗り越えるのは、例えばジェットコースターに乗って5メートルの高さまで持ち上げられ、次の瞬間には落ちるようなものなので、生きた心地はしませんけどね。

目的地へ行くにはいつまでも波が来る方、つまり沖に向かってドンドン走って行くわけにはいきません。

いつかは変針(転舵)方向を変えなければ、港へ帰ることができないんです。

その際が、最も危険。

波を横から受けることになります。

前方からの波には強い船は、横波には弱い。

波に巻かれると、転覆します。

ですから、真横から波を受けるときには、波に巻かれないタイミングで一気に方向を変えると同時にスピードを上げて乗り切る必要があるんです。

つまり、一時的にサーフィン状態になって波を乗り越えるわけです。

サーフィン

そのタイミングを計り、指示を出すのは船長である私の役目

こんな大時化の外洋で転覆すれば、まず助かりません。

自分の命はもちろん、乗組員4人の命が私の指示にかかっています。

そういうときは、もう雑念なんて入る余地は無いんです。

自分の感覚だけを信じて舵を切る。

そして、無事に乗り切って基地へ帰ったとき、始めて「生きている」という充実感が味わえます。

 

今ここを真剣に生きる

何が言いたいかというと、そういう究極の危機を乗り越える時は自分を信じて「今やれることをやる」だけなんですよね。

転覆するんじゃないだろうか?無事に帰ることができるんだろうか?

などと考えたって、答えは出ません。

今ここを真剣に生きるだけなんです。

 

生きているといろんな大変なことがあります。

不安なこともあります。

そんな時は、あれこれ悩まずに自分のできることを真剣にやるしか、危険な状況から脱出する方法はありません。

その先どうなるか?なんて誰にもわからないし、考えるだけ時間の無駄です。

今できることを淡々とやり続ける

 

まとめ

私も、不安なこと怖いこともいっぱいありますけど、自分を信じて「今ここでできることに集中する」と心が楽になります。

ぜひぜひ、自分を信じて、頑張っている自分を応援してあげてください

そうすれば、必ず港へたどり着けます。

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

相手を許し自分を許す

2017.05.25

自分を嫌わず受け入れると気持ちが楽になる

2017.04.01

感情は同時に1つしか感じない 嫌なことを考えないより楽しいことを考える

2016.12.13
メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です