今を我慢すれば将来楽になるは”大嘘”その理由とは


自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

今我慢すれば、将来よくなるなどと言いますが、大嘘です。

一般的には「自分を抑制して耐える」などの意味に用いられますが、元々は仏教用語で煩悩のうちのひとつ。

何でも耐える我慢の鬼」がいるくらいです。

 


この我慢を続けていると心も悪い状態になってしまいます。

俺は我慢してやっているのにあいつらは楽をしている

俺は我慢して働いているのにあいつらは良い思いをしている

という妬みや嫉みの感情が出てきます。

ですから、何事も我慢させることは、良い結果を生みません。

では、どうすればいいんでしょうか。

 

今を楽しむ

今を楽しむと聞くと、刹那的つまり、今が良ければそれでいいという解釈に取られがちですが、それでOK。

実は、「今が良ければそれでいい」のです。

なぜなら、人間には「今ここ」しか無いから。

しかし、将来どうなってもいいという訳ではなく、きちんと将来どうなりたいか?を描いて「今を楽しむ」。

例えば、「受験勉強を我慢」するのではなく、「受験勉強を楽しむ」ことなんです。

一見、大変そうに見える受験勉強を「楽しむ」視点から観る。

大学で○○を学んで、将来人の役に立てたいと目的をしっかり描くのです。

などと、受験する意味を受け入れて、楽しもうという気持ちで観れば、何をしていても「今を楽しむ」ことや「学ぶ機会」になるのです。

それに、いくら我慢したところで、楽しんで勉強しているやつには勝てません。

楽しんだ人間が勝つのです。

 

まとめ

わたしも言われました。

「今、我慢して頑張れば将来楽になる」と。

でも、大嘘です。

我慢する」視点でものを観てしまうと、何事も苦しいことになってしまって、いつまで経っても楽にはなりません

冒頭にも書きましたが、「我慢」は煩悩の1つ。

我慢をするということは、「自己に執着」すること、そして「他人を軽視」する心が生まれます。

それがストレスを産み、自分を苦しめる。

どんな状況でも視点を変えて楽しむ、そんな心の状態にしてしまえば、学びが多い人生になるでしょう。

参考までに

そんな「人生を楽しむ心の作り方」のセミナーやります。

Written by ✨Change view point コーチ メタル


 

メタルのおすすめ関連記事

ストレスは自ら作り出す-見返りは捨てる-

2018.10.02

自分を信じる

2018.09.25

成功したか失敗したか、勉強ができるできない、仕事ができるできないはあなたの価値ではない

2018.09.19
思考・視点を変えて主体的に生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です