ドラムサークル&トレーニングビート体感会で不思議なコミュニケーションを体験


コミュニケーションは心地良いを実感しました。

あなたの心に🔥を付ける勇気づけの専門家 ウミザル式メンタルトレーナーのメタルです。

先日(8月10日土)わたしが所属するCC&Associates主催のイベント「ドラムサークル&トレーニングビート体感会」が名古屋市内で行われたので参加してきました。

以前、ドラムサークルは以前体験したのですが、今回はドラムサークルを研修形式にしたトレーニングビートが中心。

ドラムサークルのそれとは、また違った切り口で非言語コミュニケーションを体験できました。

ドラムサークルでドンドコドンドコと言葉を使わず会話する気持ちよさを体験

2019年1月21日

 

トレーニングビート

今回、この体感会のファシリテーターをしていただいたのが、日本のパーカッショニストの草分け的存在でプロミュージシャン、トレーニングビート考案者の橋田〝ペッカー〟正人さんです。

一般的にドラムというと、音楽バンドの後ろで、シンバルや太鼓がいっぱいあるドラムセットをイメージしがちですが、本来は太鼓のことを”ドラム”というらしい。

なので、その太鼓(ドラム)をもって輪(サークル)になるので、ドラムサークルなのです。

そのドラムサークルを企業研修や人材育成向けにアレンジしたのがトレーニングビート

古来から、日本の神事では必ずと言って良いほど、太鼓を鳴らして神とのコミュニケーションに使っています。

また、小さいシェイカーを使ったワークもあって、けっこう幅広い活用ができそうです。

▼輪になって太鼓を叩いていると、不思議と何も指示がなくても人は自然と同じリズムを共有し始めます。

Th 太鼓を叩く

 

▼みんなで同じ表情をするトレーニング

Th 表情を真似る

 

▼後方にいる人が一番先頭の人の動きを真似るリーダーの役割が体感できるトレーニング

Th リーダー1

 

Th リーダー2

 

孤独感

この一連のトレーニングビートの中で、わたしが一番印象に残ったワークがありました。

みんなでシェイカーをしばらく振っていて、一定のリズムで心地よい一時を過ごします。

そして、1人を残して全員がシェイカーを振るのを止めます。

残された1人は、シェイカーを降り続けなければなりません。

たったこれだけのことですが、この時の孤独感、心に与える影響はとても大きかったです。

逆に再びみんながシェイカーを振ってくれたときの安心感やホッとした感覚は、とっても心地よいモノです。

いじめの対象となった人の気持ちを疑似体験したような感覚。

人は人との繋がりの中でこそ、幸福を感じることができる。

それが実感できた一時でした。

 

まとめ

トレーニングビートのファシリテーターを養成するトレーニングビート® トレーナー養成塾(全6回、30時間)は東京や大阪で開かれていたのですが、今回名古屋でも10月から開講するとのこと。

ご興味のある方は、主催のBEAT of SUCCESSまでお問い合わせください。


Th 集合写真

Written by あなたの心に🔥を付ける勇気づけの専門家 ウミザル式メンタルトレーナー メタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

ドラムサークルでドンドコドンドコと言葉を使わず会話する気持ちよさを体験

2019年1月21日

5年後の自分と対話する方法

2019年7月24日

満足度高かったPoints of You®企業向け体験会

2019年3月3日
読んだ人が眼線をあげるメルマガ配信中
メルマガ

読者が元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!
メタルのイベント情報が気になる方もこちらから!!!
登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」と自分と向き合うことができる「ワークシート付き簡単セルフコーチングプレミアムワークブック」をダウンロードいただけます。