慌てず焦らない心を作る


自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

瞑想をしていると、時々顔などが痒くなることがあります。

しかし、そのまま放っておきます。

ただ「痒いと感じている」と認識して、そのまま瞑想を続ける。

 


我慢するのではなく、「痒い」という事象に対して反応しないだけ。

注目しない。

「痒い」に囚われると、ますます「痒く」なる。

するとその痒みは、やがて消える。

何かが起こった場合、必ずしも反応しなくて良い。

「痒い」という肉体的な刺激に対して、必ずしも「掻く」という反応はしなくてもその痒みは消えていきます。

同じように、何か出来事があっても、例えば「時間に遅れそう」だとしても「慌てる」「焦る」必要も無く、ただ淡々と急げば良い。

「慌てる」「焦る」は、心の乱れ。

「急ぐ」は行動の状態。

この違いが解れば、「慌てる」「焦る」は何の意味もなさないことが分かるはず。

そんな慌てない・焦らない心の作り方講座を開きます。

 

Written by ✨Change view point コーチ メタル


 

メタルのおすすめ関連記事

自己受容とは何か?赦しと自分の価値

2018.10.12

「しなやかな心」はメンタルが強い心にあらず

2018.10.11

私さえ我慢しても人間関係はよくならない

2018.10.05

Points of You®体験会

思考・視点を変えて主体的に生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です