自分とのコミュニケーションをしっかりとる


これができていないと、他人とのコミュニケーションも上手く取れないんじゃないかって思います。

なぜなら、自分の状態が解らないから。

自分が何を欲していて、何が気持ちいいことなのか、何が嫌いなことなのか…

自分の感情とキチンと向き合って、普段から意識しているといろいろなことに気が付きます。

そうすることによって、他人の気持ちにも気が付く習慣ができるのです。

 

自分と繋がる

多くの人が、思考(いわゆる左脳)で考えています。

でもそれだけだと、なかなか自分の感情に気が付くことができません。

また、いろいろな感情が湧いてきても「こうするべき」とか「こうあるべき」などと自分の欲望や感情に気が付かない振りをしてしまう。

それが何時しか習慣になって、自分とのコミュニケーションが上手く取れなくなってしまいます。

つまり、自分と繋がっていない状態になってしまう。

それって、本当に自分を大切にしていると言えるでしょうか?

 

価値観の押しつけ

自分と繋がっていない状態って、自分も苦しいんです。

私の周りにも、そういう人が何人かいますが、とっても窮屈そうに生きてる。

一緒にいると、わたしまで息苦しくなります。

見ていて大変だな〜って思う。

だって、言動が、うつになっていた時の自分と同じなんです。

その時の私は、ひたすら他人に自分の価値観を押しつけていました。

つまり、他人の心(感情)を理解しようとしなかった。

 

休めないって思い込んでいませんか

仕事へ行かなきゃならない学校へ行かなきゃならないと思っていませんか?

人間は、いつだって自分で自分の行動をコントロールできるんです。

本当にやりたいことなら、放っておいても自分の心が行動したくなると思うんですよね。

もしも、あなたが休みたいと感じたなら、躊躇なく休んでください。

休めないようなら、何かがあなたの心の中で起こっています

私がうつを患う前は、休みたいと思っても休まず仕事へ行っていました。

それが当たり前だと思っていたし、世間ってそういうもんだと思っていました。

そうしてうつを発症。

布団から起き上がることができないようになって、初めて「今日は体調が悪いので休みます」と職場に電話。

その途端に、身体が動くようになったんです。

日本人って学生時代に「皆勤賞」なんてあって、「休む=悪いこと」という価値観ができあがっている人が多いんじゃないのかな?

自分とのコミュニケーションをしっかり取って、しっかりと休養を取ることも大切です。

もう一度、自分に問いただしてみてはいかがでしょう。

 

まとめ

今回は、休みの価値観を例にとってお話ししましたが、自分としっかりと繋がって、マインドフルネスな状態、つまり、自分をやる気に満ちた状態にしてあげてください。

生きるのに苦しくなったら、休む。

きわめてシンプル。

それは、怠けたいとか、自分を甘やかすのとは違って、自分を大切にするってことなのです。

自分を大切にできない人が、他人を大切にできるわけないんです。

メタル
▼人生再起動計画実施中


『50代の人生再起動計画』とは?

わたしは今年56歳、昨年の3月で35年間勤めた海上保安庁を辞めて、人生を再起動しました。

よく訊かれるのが「どうして安定した公務員を辞めたのか?」「どうやって踏ん切りを付けたのか?」などなど。

50を過ぎると多くの組織で、定年まで10年を切ります。

しかし、隠居生活をするにはまだまだ働かなくてはならない。

そして、人生の折り返し地点もとっくに過ぎ、最後を迎えるまでそう長くない。

そんな時に、ふと頭をよぎるのが、「自分の人生はこれで良かったんだろうか?」という疑問。

私も、そんな疑問を心に秘めて毎日満員電車に乗っていました…
続きは▼こちらから
【名古屋】50代からの人生再起動計画セミナー 2017年10月14日(愛知県) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です