企業・組織サポート

メタル
企業様向けのグループコーチング・カウンセリングについて書いています。
Points of You®
メンタルサポーター メタル では、Points of You®を使った、企業社員の方々のコミュニケーション能力向上を図り、グループコーチング・カウンセリング・Points of You®体験会などを実施できます。

 

企業・組織研修で伝えたいこと

わたし自身が、35年間組織の人間として仕事をしてきました。

仕事の中には、やりたくない仕事もありまし、やり甲斐のあるものもありました。

割合からいうと、やりたくない仕事8割、やり甲斐のある仕事2割でしょうか?

これが当たり前だと感じていまし、そんなものだと思っていたのです。

そんな状態でずっと働いてきましたが、あまり幸福感というものは無かったような気がします。

やりたくない仕事は「やるべき」だからやるだけで、あとで述べる「内発的動機付け」によるやりたい仕事ではなかったからです。

人は、内発的動機付けによる活動をしていないと「やらされ感」ばかり先だって、すこしも面白くないし、やる気が出ません。

アドラー心理学では、「お前はどうしてダメなんだ」「こんなことができないのか」「同期の奴らはもっと成績を上げているぞ」等々の言葉が勇気挫き(ゆうきくじき)といい、人にやる気を失せさせる原因となっています。

ことある毎にダメ出しされ、他人と比較されることによって自己肯定感が下がり、自分自身がダメな人間であると強く印象づけられて、ますますダメな社員・職員が生まれます。

もちろん、言う側の気持ちもよく解りますし、わたしも現役時代にはよく言っていたように記憶しています。

そして、わたしもある時期そう言われ続けて、その上司に対して恐怖感を感じその上司の前へ出ると萎縮して、ますます失敗を重ねるという悪循環に陥りました

上司先輩は憎くて言ったのではないでしょうが、それでは人材育成の観点からは、わたしの経験上逆効果だと感じています。

中には、これらの言葉で発憤する負けん気の強い人もいるでしょうが、多くの場合上司先輩の気持ちは部下の方達には伝わりません。

また、昇格してリーダーとなったのはいいですが、多くの「やるべき事」に押しつぶされそうになって、うつやパニック障害に陥ったこともありました。

 

フリーランスとして心理学を学び、カウンセリング・コーチングの技術を習得した今、その時の自分を振り返ると、とても悔しい思いをしています。

あの時、心理学やコーチングの技術があれば、組織の中でもっともっと有意義で幸福な時間を過ごせたはずなんです

人は城、人は石垣、人は堀武田信玄の格言を持ち出すまでもなく、人は企業・組織の宝です。

1人でも多くのやる気に溢れた人材育成をすることが、企業・組織側にとっても、社員・職員の方にとっても、幸せなことなのではないでしょうか?

そんな、思いを持って研修・カウンセリング・コーチングなどに努めたいと思っています。

 

Points of You®を使う理由

Points of You®は、2007年にイスラエルで誕生し、2015年11月現在で19カ国語に翻訳され、154カ国20万組以上が販売されたツールです。

そして、Google・IKEYA・AMEX・VISA・カルバンクライン・Amdocsなどの海外企業はもちろん、イスラエル教育システム・米国教育協会などの教育機関、NASA・イスラエル国防軍などの公的機関でも活用されており、その効果・実績は世界中で高く評価されている今最も注目されているコーチングツールなのです。

コツさえ掴めば、このツールを使うとコーチングを深く学ばなくても誰でもコーチングができる点にあります。

ですから、企業様では何度も講師を招かなくても、社内グループやプロジェクト、部署単位でそれぞれのペースで自由な時間にコミュニケーション向上のためのワークを実施することができ、またアイデア出しなど発想を広げるツールとしても活用できます。

また、会議の前に右脳の活動を活発にして、発想を広げるツールとして活用されている事例もございます。

Points of You®では、各地へ派遣するトレーナーを要請しており、社内でエバンジェリストを養成されたい場合の体制も整っているのもメリットです。

Points of You®カード

メンタルサポーター メタルは、35年の組織人としての経験を積み、その後NLP(神経言語プログラミング)コーチングを学ぶことで得た知識を元に下記カウンセリング・コーチングを行います。

それにより社員の方々が、よりよい信頼関係、コミュニケーションを構築でき、会社への貢献感の増幅させることができるでしょう。

下記のようなサービスを提供できます。

 

コミュニケーション能力

コミュニケーション研修
コミュニケーションは、よく野球に例えられます。

どんなに剛速球を投げることができても、キャッチャーが取れなければただの暴投です。

キャッチボールで、相手が取りやすい胸元へボールを投げるように、相手が受け取りやすい言葉や、言い方、態度によってコミュニケーションが良好になります。

また、人それぞれ家庭環境や経験、学習などによって違う価値観の中で生きています。

この価値観の違いを知らないために、コミュニケーションが上手に取れずストレスが溜まり、かつてのわたしのように、うつなどの症状に発展する場合もあります。

教育機関では教えて貰えませんが、実はコミュニケーション学習しないと身につかない能力なのです。

社員の方々が、良好コミュニケーションを取ることができるようになれば、組織の生産性も向上します。

  • チーム内のコミュニケーションが活発化し、同じ目的へ向かって足並みをそろえて目標達成へと向かいます。
  • コミュニケーションが良くなることによって、「報連相」が活発になり意思疎通が円滑になります。

 

個別コーチング・カウンセリング

リーダー研修
経営者様の代わりに個別面談を実施、コーチングを行うことによりこんな効果が期待できます。

  • ネガティブ思考の社員がポジティブ思考に
  • やる気を無くしている社員がやる気満々のイケイケ社員に
  • 仕事ができずに、うつうつとする社員が生き生きと

また、カウンセリングでストレスを解消できるので、離職率の低下を期待できます。
※ご希望であれば、出張ワークショップ行います。

 

能力向上

能力向上
人間のやる気を起こさせるには、大きく分けて2つの方法があるといわれています。
外発的動機付け内発的動機付けです。

外発的動機付けとは、賞与、昇級、昇格などの外的評価によって、やる気を起こさせる方法で、いわゆる人参をぶら下げる方法です。

もうひとつの内発的動機付けは、仕事の内容や人や組織への貢献感により興味・関心を持つことにより上からの指示がなくても動くことができるようにする方法です。

いままでの組織多くが外発的動機付けによる能力向上に注目してしまったために、指示待ちの社員を作ってしまったのではないか?とわたしは考えます。

時代は変わり、団塊の世代が去った今となっては指導者不足に悩む企業が多く存在し、中間管理職や若手に多くの負担がかかってしまい、うつなどの心的ストレスを抱える者が多く存在するのは御存知のとおりでしょう。

また、従来の外発的動機付けだけでは世界のスピード感に付いていけない世の中になっています。

これからは、自らが考え・行動する社員・職員を多く育成できるかどうかが、その組織の未来を決めるといっても過言ではないでしょう。

疲れてしまった方にはカウンセリングにより元気を取り戻して貰い、コーチングにより個々の能力向上・目標達成を図ることができます。

メンタルサポーター メタルでは、アドラー心理学共同体感覚に注目した内発的動機付けのカウンセラー・コーチングを行うことにより、組織活性化のお手伝いができます。

 

料金等

人数・回数等により料金が異なります。

また、Points of You®を社内のコミュニケーション向上などに取り入れたい方はご相談ください。

お問い合わせは下記メールフォームからどうぞ。

 

Points of You®エバンジェリスト