人はコンフォートゾーンに戻る


自己啓発本などによく出てくるコンフォートゾーン

これも、潜在意識にあるものです。

ですから、どんな状況におかれても、潜在意識はこの状態に必ず戻ろうとする。

言い換えると潜在意識が「自分の心地よい状況」に戻ろうとするんです。

例えば、潜在意識が「太っている状態が心地良い」と感じていると、痩せることができないし、一生懸命ダイエットしてもすぐにリバウンドしてしまうのは、このためです。

 


また、中層階級の人が、たまたま宝くじが当てて、何億円という賞金を貰っても、結局は散財してしまい、気が付いたら元の生活に戻っているのはこのため。

また、ギャンブルなどで、一時的に収入が入ってもすぐに使い果たす「悪銭身につかず」の理由です。

つまり、潜在意識は、「異常にお金がある状態が気持ち悪い」と感じるから戻るんです。

逆に、お金がある状態が通常の状態の人は、一時的にお金がなくなってもまたお金持ちになるのは、潜在意識が戻そうとするからです。

例えば今ドバイに住んでいる青年実業家○○翼さんを観ているとよく解ると思います。

彼は、一時的に貧乏になっても、必ず戻ると宣言して、実際にまたお金持ちになりました。

あれは、コンフォートゾーンがそこになるからなんです。

ノウハウじゃないんですよね。

 

コンフォートゾーンを変える

逆に言うと、コンフォートゾーンさえ上げてしまえば、自動的に目指す状態になるわけです。

なんだ、簡単です。

自分の潜在意識さえ騙して変えてしまえばOK。

世間で言われている「成功の法則」とか「思考は現実化する」の目指すところはここなんですよ。

自分の潜在意識を変え、周波数を変えて「類は友を呼ぶ」状態を作ってしまう。

その手法は、「アファメーション」だったり「引き寄せの法則」だったりいろいろですが…

成功の法則には、そのノウハウが書かれているのです。

そう、あくまでもノウハウなんです。

形だけ真似たってダメ。

心から、この法則を信じて、自分の生き方つまり、在り方を変えないと意味がない。

学ぶだけじゃなく、実際に行動し、自分の心に落とし込まないと。。。

 

まとめ

いくら、アファメーションをやっても、期日を決めて願いを紙に書いても祈願が習熟しない人は、この自分の心を良い状態にして整える。

そんな、工夫が必要なのかもしれませんね。

Written by メタル(@Metal_mac

思考・視点を変えて主体的に生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です