視点を変えるとは?


問題が発生した時点と同じ視点では、その問題を解決できない
相対性理論を発見した、アルベルト・アインシュタインの言葉です。

つまり、問題解決のためには、観る視点を変えることが必要だと言うことです。

みなさんは、こんな経験はありませんか?

 


小学校の頃、図形の問題を解くとき(三角形の底辺の長さを求めよなど…)それまでいくら考えても答えが解らなかったのに、1度目をそらして、その問題用紙を違う視点にしたときに答えが分かった経験。

わたしは、よくありました。

あれが、視点を変えた初めての経験でしょうか?

わたしが、人間関係が良くなったり、自分で何かを気付いたりする時、必ずこの視点の切り替えがありました。

また、Points of You®のワークショップなどでご説明している、ビックバルーンコンセプトもこれと同じ事。

半分ずつ塗り分けられた大きな風船を反対側から見て、お互いにこの風船の色の違いを主張するような意見の食い違い。

お互いが、ちょっと位置をずらしてみてみれば、ちょっと視点を変えて見れば簡単に気が付くことで、問題が解決することも多いのです。

いつまでも、同じ視点から物事を見ていては、問題解決にはなりません。

自分とは違った考え方を受け入れてみる。

いつもとは、違った行動をしてみる。

そうやって、違った視点を手に入れたときに、呆気なく問題が解決することも珍しくない。

つまり、「自分の考え方にいつまでも固執していては、問題が解決しない」という事なのです。

Written by ✨️Change view point コーチ メタル

 

メルマガやってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です