信じるものは何故救われるのか?


昔(約20年前)、こんなことがありました。

ある飲食店街のクーポン券を持っていました。

そのクーポン券で、映画館も割り引いてくれると聞いていたので、早速映画館へ。

ところが、窓口で割引はできないと言われたんです。

 


「え?何故!割り引いてくれると聞いたんだけど」と窓口でごねると、割引料金で入れました。

ところが、後で調べてみたら、割り引いてくれる映画館は、近くの別の映画館。

ほんと、あの時はごめんなさい <(_ _)>、<(_ _)>、<(_ _)>

でもね、こちらは嘘をつくつもりはサラサラなくって、そう信じていたんです。

と私の失敗談は、横に置いておいて、本題。

 

確信する

人間は、さまざまな価値観で生きています。

正解不正解、正しい間違いは、人によって違う。

こうあるべき」「普通」「いつも通り」「当たり前」も人によってさまざま。

コミュニケーションの失敗は、往々にしてこういうところで起こります。

もう、その人がそう信じているんだから、それが現実。

潜在意識に刷り込まれているんです。

だから、「自分が成りたいものに絶対なる!」「欲しい世界は手に入る」と信じればその通りになる。

それが、現実になる。

1ミリも疑わない。心の底からそう思うことができたら、あなたの未来は思い通りになります。

 

潜在意識は繋がる

潜在意識に刷り込まれた想い熱意は、相手に伝わります。

例えば、セールスしたい商品がある。

その商品が、心の底から「価値のある物だ」と信じていれば、必ず勝ってくれる人が現れます。

iPhoneは、何故みんながこぞって欲しがるんでしょう。

それは、みんなが「素晴らしいものだ」と認めているからです。

iPhoneだって、最初は万人に認められるものじゃなかった。

でも、素晴らしいものだと感動した人の熱意が、周りの人々に伝搬し、広がって行ったんじゃ無いでしょうか?

よく、「口コミ」というけど、伝えているのは言葉じゃない想いだと私は思います。

 

まとめ

自分は成功すると信じる。

絶対助かると信じる。

絶対世の中は良くなると信じる。

そうやって信じることで、例え今は不遇でも心が救われるのです。

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

もう人生には最善最良のことしか起こらない

2017.09.12

自分とのコミュニケーションをしっかりとる

2017.09.08

変化する勇気を持って自分の人生を歩こう

2017.06.13

メタル
▼人生再起動計画実施中


『50代の人生再起動計画』とは?

わたしは今年56歳、昨年の3月で35年間勤めた海上保安庁を辞めて、人生を再起動しました。

よく訊かれるのが「どうして安定した公務員を辞めたのか?」「どうやって踏ん切りを付けたのか?」などなど。

50を過ぎると多くの組織で、定年まで10年を切ります。

しかし、隠居生活をするにはまだまだ働かなくてはならない。

そして、人生の折り返し地点もとっくに過ぎ、最後を迎えるまでそう長くない。

そんな時に、ふと頭をよぎるのが、「自分の人生はこれで良かったんだろうか?」という疑問。

私も、そんな疑問を心に秘めて毎日満員電車に乗っていました…
続きは▼こちらから
【名古屋】50代からの人生再起動計画セミナー 2017年10月14日(愛知県) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

メルマガやってます


心が軽くなったり、前を向ける考え方を毎日配信中
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。

メルマガ登録用
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です