アドラー心理学と心が軽くなる本

アドラー心理学を理解するのに役立つ本です。
私が読んでピンときたものだけ掲載しています。

 

アドラー心理学

アドラー心理学関連書籍です。
アドラー心理学は実際に役に立つ心理学であり、実践することによって人は変わります。

オススメ度は★★★★★が満点。

 

アドラー心理学入門

 

嫌われる勇気の共同著者哲学者の岸見一郎氏の著書。

嫌われる勇気よりも取っつきやすく、読みやすい解説書。

オススメ度★★★★★

 

嫌われる勇気

 

ドラマ化もされた「アドラー心理学」を一躍有名にした本。
わたしは、この本を読んでアドラー心理学を知り、うつの症状が和らぎました。
「勇気の心理学」といわれるアドラー心理学ですが、勇気を出してこの本のとおり行動することで、人生は良い方へ変わります。

オススメ度★★★★★

 

幸せになる勇気

 

「嫌われる勇気」の続編
アドラー心理学をより深く知りたい方へオススメ。
ただ、嫌われる勇気を読んでからじゃないと解りづらいこともあります。

子供の教育に焦点を当てて、嫌われる勇気の青年が哲人の元を訪れて、現役教師の悩みを打ち明けます。
教育者や子育てには必見の内容

オススメ度★★★★☆

 

本気で変わりたい人の行動イノベーション

 

アドラー心理学の理論を元に、コーチングでもよく使うベイビーステップという手法を取り入れて成功へ導いてくれる本。
いつも三日坊主で、なかなかやりたいことが実現できない方へオススメ。

オススメ度★★★★☆

 

 

実際に子育てで悩んで、アドラー心理学に出会ったママの書いた本。
子育てだけではなく、ママの心が癒やされる本です。

具体的に兄弟げんかの止めさせ方など、対処方法も書いてあって現役のママが勇気づけられる本。
アドラー心理学の子育て本はいっぱいあるので、迷ったらこの一冊。

オススメ度★★★★★

 

生きる勇気とはなにか

 

人生の課題とは何か。岸見一郎氏の人生体験から書かれたアドラー心理学の本。

人生を生きて行く参考になります。

オススメ度★★★★☆

 

読むと心が楽になる本

心のメンテナンスや対人関係で悩む方向けの本です。

エニアグラムで分かる 9つの性格

 

人によって、同じ事を伝えても受け取り方が違います。
価値観の違いや受け取り方の違いを知るのに最適。

苦手な相手の対処方法が解って、人間関係に悩む人、相手の言動が理解できない人にオススメ。

オススメ度★★★★☆

 

自分の小さな箱から脱出する方法

 

人と人はこうして争って、仲が悪くなって行くんだと気がつかせてくれる本。
他人の課題と自分の課題、アドラー心理学の課題の分離の大切さ、横の関係の大切さが解ります。

争うときには、人をものと見ている衝撃的でした。

オススメ度★★★★☆

 

一生お金に困らない生き方

 

お金の悩みは尽きませんが、苦労しないとお金が入ってこないと思っている人には、苦労しないと入ってこない。
視点を変えると、案外簡単にお金が入ってくるのかも。

オススメ度★★★★☆

 

決めた未来しか実現しない

 

これを読んで、思い切ってサラリーマン生活を卒業しました。

オススメ度★★★★☆

 

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え

 

アドラー心理学の自己肯定感が高まる本です。

これを読むと「自分はこのままでいいんだ」と思えるようになるかも。

オススメ度★★★★☆

 

神さまとのおしゃべり

 

これを読むと、自分がどれだけ幸せなのかが実感できるようになります。

オススメ度★★★★★

 

心を強くする300の言葉

 

心が疲れているときに読む本。
わたしも落ち込んだときに読んで元気が出ました。

オススメ度★★★★★

 

始めよう。瞑想

 

瞑想は、もう5〜6年続けています。
最初は、パニック障害を治すためだったのですが、スティーブジョブズなどの著名人もやっています。

瞑想関係の本はいっぱいありますが、これがお手軽かな。心が穏やかになって、オススメ。

オススメ度★★★★☆

 

評価が甘いかもしれませんが、自分が良いと思わない本をここに掲載するほど暇じゃないので、良いと思うものだけ選びました。

こういう本を読むときは、自分の考えや価値観を一旦脇に置いて読んでください。

そうすると、新しい道が見えるかもです。