【アドラー心理学】目的論で思考するメリットとは


目的論で考えるとモチベーションが上がります。

自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

職場や仲間内のトラブル、恋愛など人間関係があるところ何かとトラブルはあります。

それを改善しようと、どこが悪かったのか?どこを治せば良いのか?で考えます。

原因を究明して、それを取り除こうという考え方ですね。

 


でも、これで上手く行くことはあまりないでしょう。

それどころか、人間関係が悪化するケースも多々あります。

この考え方を原因論といいます。

わたしも35年間勤めた海上保安庁にいたときは、さんざんこの考え方で事故原因の究明をしてきました。

確かに事故原因を探るにはいいかもしれません。

しかし、それで人間関係は良くなりません。

人間関係の場合、トラブルって様々な出来事が複雑に絡み合っている場合があって、いくら考えたって迷宮に迷い込むだけなんです。

それに人間は、感情がありますからね。

機械なら壊れた部品を取り替えれば治りますけど、人間関係の場合はそうならない。

いつの間にか、誰が悪い、とかあいつの責任だなどと、犯人捜しになってしまったりして楽しくない。

それに、原因があるのは過去です。

人間変えられない過去を考えていると、だんだん気分が落ち込んできますね。

憂鬱になるだけ。

アドラー心理学では、原因論の反対の目的論で問題解決を図ります。

今回はトラブルが発生したけど、本当はどんな状況になったら良かったんだろう、それに向かって何をすれば良いんだろう、そして今できることは何だろう。

そうやって、未来に向かって何ができるかを考えていくと、心もワクワクしてくるし、テンションも上がります。

絶対こっちの方が楽しいんですよ。

 

まとめ

わたしも、トラブルや課題に直面したときは、どうしたらできるようになるだろうどうなったらいいんだろうか?そのためにできることは何だろう?という思考方法になってからは、いろんなことにチャレンジできるようになってきたし、少しずつでも前進している実感があります。

みなさんも、会社やプライベートでも、目的論で考えてみてはどうでしょうか?

そんな望む未来を一緒に発見するお手伝いが、わたしのミッションです。

Written by ✨Change view point コーチ メタル


 

メタルのおすすめ関連記事

アドラーの考える幸せ・幸福の条件とは

2019年3月15日

人からの批判は空を飛ぶために必要な空気抵抗のようなもの

2018年8月15日

アドラー心理学「全体論」自分は1人だけど1人じゃない ~セッションの現場~

2018年3月22日
思考・視点を変えて主体的に生きる