目的論で生きると幸せになる Points of You®×アドラー心理学〜過去に囚われない生き方〜


どうやったら上手くできるようになるだろう

いつからか、そんな考え方をするようになりました。

あなたの心に🔥を付ける勇気づけの専門家 ウミザル式自己肯定力育成コーチのメタルです。

失敗は、誰でも怖いです。

もちろん、わたしも怖い。

 

失敗のイメージ

わたしがPoints of You®体験会を始めて開催するとき、開催を決意してから、実際に開くまでに約2か月かかりました。

Points of You®について、うまく説明できないんじゃないか?とか手順を間違えないだろうか?とか…

そんなイメージばかりが、頭をよぎって全く動けず。

会場の予約も取れませんでした。

でもね。

そもそも何のために、高卒の給料としてはそこそこいい給料を貰っていた海上保安庁を辞めてまで起業したのか?

本当は、何がしたいんだろうか?

と自分に問いかけると「心の底からやりたいと思えることをやりたいから」というとってもシンプルな答えが返ってきました。

そして、「じゃあ、どうしたらできるようになるだろう」と考えたら、やっぱり練習しかないんですよね。

何度も何度も、独りで動画を撮りながら、体験会をシミュレーションして練習しました。

自分でも自信がつき始めた頃、NLP(神経言語プログラミング)の仲間から体験会を開いて欲しいとの要望があって、開催しました。

今考えると、上手くやれていたかどうかはわかりませんが、とりあえず第一歩を踏み出した。

そんな感覚でした。

 

最初からは成功しない

そうなんです。

最初から上手く行くわけないんです。

よく例に出すんですが、最初から転ばずに自転車に乗れた人はいない。

みんな公園で練習して、転びながら、何度も何度も転びながら、膝っこぞうを擦りむき、血を流し、公園の水道で傷口を洗って、半べそをかきながら暗くなるまで練習して、やっと1メートル、2メートルフラフラしながらどうにか乗れるようになる。

その後も、ブレーキが遅れて壁にぶつかったり、溝にはまったり、失敗を繰り返しながら段々上手に乗れるようになるんです。

だから、とにかく転んでも良いから、自転車のペダルを漕ぎ始めること。

それがすべての始まりなのです。

どうしてできなかったんだろう」から「どうしたら上手くできるんだろう」への思考パターンの変化。

とってもシンプルですが、楽しく人生を生きる上で、効果絶大な考え方です。

とはいえ、やっぱり失敗は怖いですよね。

だから、こんな考え方をしたらどうでしょうか?

 

お試し感覚

化粧品にも試供品があるように、スーパーマーケットでも試食品があるように、Points of You®にも体験会があるように。

ちょっとPR入ったけど(笑)

まずは試してみようという感覚で動くことをオススメします。

そして、美味しければ本格的に勉強すればいい。

そんなお試し感覚、つまり好奇心を持って何事もやってみる。

試して不味ければ買わなければ良いだけの話です。

フットワークを軽くして、ちょこっと試すんです。

 

原因論と目的論

原因論は、「物事には原因がある」との考え方で、結果から「どうしてそうなったのか?」と過去に目を向けて考えます。

そして、原因を突き止めれば、そこを修正する。

そうやって改善していく思考パターン。

機械が故障した場合は、これでOKですよね。

不具合の起きた原因を突き止めて、部品交換など必要な対処をすればいっちょあがりです。

多くの企業や人はこんな原因論的発想なのではないでしょうか?

何か、問題が発生したときに会議で問題を探る。

わたしも、海上保安庁時代に事件事故の調査・検証などを散々やりましたが、問題が1つしかない事故ってほとんどありません。

ほとんどの場合、さまざまな要素が絡み合って発生しています。

例えば、船同士の衝突事故の場合、「もしこのタイミングで針路を変えていたら防ぐことができたのに」とか「もしもうちょっと早く相手の船に気がついていたら」などなど…

調べれば調べるほど、いろんな原因となり得る事柄が出てきます。

最終的には、専門用語で直近過失(衝突寸前の過失)を採用するのですけどね。

だから、原因を追及する会議がいつの間にか責任問題などにすり替わってしまうことも珍しくないんですよね。

人間には、感情があるし、思い違いもするし、忘れもする。

機械じゃないんです。

だからこそ、「どこが悪かったんだろう」と変えられない過去に目を向けるのではなく、未来に目を向けて「どうしたら上手くできるんだろう」という発送方法へ切り替えることで、前向きにチャレンジする勇気が湧き「幸せに向かって生きる」ことができるようになります。

これが、アドラー心理学の根幹をなす考え方の1つ「目的論」です。

 

まとめ

今回、第三弾となるPoints of You®×アドラー心理学〜過去に囚われない生き方〜

アドラー心理学では、人の性格のことをライフスタイルと呼んでいます。

そして、ライフスタイルを変えることによって、いつでも人は変わることができるとしています。

今回の体験会では、まず個々のライフスタイルに気がついてもらって、本当はどんな自分になりたいのか?と目的論で自分自身を振り返ります。

毎回好評のPoints of You®×アドラー心理学シリーズ、今回も満足していただける内容となるでしょう。

体験会の詳細とお申し込みは、下記リンク先でお願いします。

Written by ウミザル式自己肯定力育成コーチ メタル


 

 

メタルのおすすめ関連記事

人は対人関係で悩み、対人関係で喜びを感じる Points of You®×アドラー心理学〜すべての悩みは対人関係〜

2019年9月4日

Points of You®×アドラー心理学〜幸せの方程式〜が解けた瞬間

2019年7月1日

Points of You®を味わい尽くすL1 Hello Points Workshopへ参加

2019年7月14日
読んだ人が眼線をあげるメルマガ配信中
メルマガ

読者が元気になる「勇気づけのメルマガ」配信中!
メタルのイベント情報が気になる方もこちらから!!!
登録特典として、自己肯定感を向上させるためのノウハウが解る「自己肯定感を高める4つのステップ(小冊子)」と自分と向き合うことができる「ワークシート付き簡単セルフコーチングプレミアムワークブック」をダウンロードいただけます。